MENU

ちむどんどん14話のネタバレ-みんなの感想【社長の息子の罠】

ちむどんどん14話

この記事ではちむどんどんの14話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。

就職に悩む暢子ですが、今回更に悪い方向になってしまう展開に、、、

まだ視聴していない人は注意願います。

目次

ちむどんどん14話のあらすじとネタバレ

画像

14話のネタバレあらすじ

就職のことで悩む暢子(黒島結菜)。

眞境名商事で働くべきか、まだモヤモヤしています。

そんな暢子に、智(前田公輝)が働くハンバーガーショップのチラシを見せる早苗(高田夏帆)

ハンバーガーをおごるので、料理部を手伝ってほしいと頼みます。

「ハンバーガーのためなら何でもする」と、暢子は元気になるのでした。

**

その夜、ハンバーガーショップで開かれたフォークダンスナイトに良子(川口春奈)が来ていました。

画像

新しく買ったワンピースを着て憧れの石川博夫(山田裕貴)と踊ります。

今日は特別だと思い楽しんでいた良子ですが、ふと店内を見回すと智がいました。

良子は智にそっと話しかけます。
「家族には言わないでほしい」とくぎを刺す良子。

**

夜遅く家に帰った良子を母・優子(仲間由紀恵)が起きて待っていました。

良子は「今月はちょっと少ないの…。勉強会で色々と使ったから」と給料を渡します。

優子に「大切に使うね」と言われ、たまらなくなった良子は本当のことを話します。

フォークダンスに行ったこと、そのために靴と服を買ったことを正直に話す良子。

画像

優子は「楽しかった?」と尋ねます。

「良子が楽しかったらそれが一番」と言われ、良子は恥ずかしくなりました。

貧しくても心豊かに暮らせばそれでいいと思っていた良子。

それなのに、誘惑に負けてしまった自分を恥ずかしく思います。

教師である自分が嘘をつき、お金に負けてしまったことを詫びる良子。

優子は「謝らなくていいよ」と、優しく良子を慰めるのでした。

**

翌日、熱が下がった歌子(上白石萌歌)は音楽の授業を受けます。

英子がピアノの伴奏をして他の生徒が歌を歌うのですが、下地響子(片桐はいり)から突然一人で歌ってみるよう歌子は言われました。

英子が「昨日まで具合が悪かったから…」とかばってくれますが、「元気になったから来たんでしょ?歌は魂の叫び!」としつこく迫られます。

その時、チャイムが鳴りました。

「次は逃がさないわよ」と下地に言われ、怖くなった歌子は音楽教室を逃げ出します。

中庭のベンチに歌子が座っていると、英子がやって来ました。

下地に関する情報を歌子に話す英子。

下地は自分が目をつけた生徒をとことん追いかけ、徹底的に歌唱指導などを行います。

「音楽教師として一流の下地先生が、どうして歌子なんかに…」と英子は嫉妬するのでした。

**

一方、智の働くハンバーガーショップに早苗とやって来た暢子。

初めて食べるハンバーガーに暢子は大喜びです。

そこへ、眞境名商事の社長の息子・英樹(時任勇気)が現れます。

暢子を見つけた英樹は「どうせうちに就職するのは、玉の輿が目当てだろ?」と、馬鹿にしてきます。

画像
NHK

馬鹿にされ、殴りかかろうとする暢子。

智が止めに入ります。

「お前の代わりなんていくらでもいる」と英樹に言われ、暢子は改めて働くとはどういうことか考えました。

「面接を受けて、適当に入れてもらえるところで働けばいいと思っていた自分が悪い」と話す暢子に、智は「大丈夫だよ。暢子は暢子らしく」と言われます。

「うちらしくってどういうこと?」と尋ねます。

「くいしん坊で速く走れても、大人になれば何の役にも立たない」と自分に腹を立てる暢子。

その頃、共同売店の電話が鳴ります。

電話をとった優子は「暢子が暴力を?」と驚くのでした。

\31日間無料視聴/

U-NEXTで視聴

<<13話のネタバレ

>>15話のネタバレ

ちむどんどん14話のみんなの感想

貧しさを恥じるというより、貧しいのに真剣に懸命に働かない家族がいることやそれを窘めずにきた親の甘さは恥じた方が良いかもしれない。
幼少時ならともかくイイ年をした娘たちがつぎはぎの服を着て外出しなければならない状況、唯一地道に教職に就いて収入を得ている良子が新しい服や靴を買って出かけたことを詫びなければならない心境にさせてしまっている状況、何かとても腹立たしい。私が親なら笑って大丈夫なんて言えない。手をついて泣いて詫びたいくらいだ。
就職するのに自分が何をやりたいだとかハンバーガーを奢ってもらって美味しいだとか、天真爛漫な暢子すら腹立たしい。何でもやりますどうか仕事とお金を下さいと、野麦峠みたく働けよと思う。
長男はもはや論外。
土木工事現場で優子が受け取った賃金からすれば、
中卒賃金は、ねぇねぇの半分にも満たないだろうなぁ。
それなら利用できる奨学金給付うけて、高校までは通ったほうが、まし。
貸与でも、理由があれば返済延期やあとから減免措置もあるし。
しかし暢子まで、バカどもに絡んでしまうとは、なさけない。
ここまできたら、会社にも内定辞退、突きつけよう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる