MENU

ちむどんどん11話のネタバレ-みんなの感想【青春編】

ちむどんどん11話

この記事ではちむどんどんの11話のあらすじ、ネタバレ、視聴率と視聴者の感想を紹介しています。

今回から大きくなった子供たちの青春編です!

まだ視聴していない人は注意願います。

↓他の回を見たい人はこちら↓
\31日間無料視聴/
目次

ちむどんどん11話のネタバレ

ちむどんどん11話のあらすじとネタバレを紹介しています。

11話のネタバレ

1971年、高校三年生になった暢子(黒島結菜)は、子どものころと変わらず運動神経抜群でくいしん坊な少女へと成長しました。


この日、暢子は陸上部のキャプテンと走って勝負をします。


暢子が勝てばサーターアンダギーをゲットです。


勝負の結果、圧勝した暢子は陸上部から入部してほしいと熱いオファーを受けます。


しかし夕食作りを任せられている暢子は、断り学校を後にしました。

共同売店の前田善一(山路和弘)の一人娘・早苗(高田夏帆)と一緒に帰りながら、高校卒業後の話をする暢子。


早苗は東京の大学へ行き、将来はスチュワーデスとして本土で働きたいと思っています。


一方の暢子は商社で働くつもりで、すでに面接も済ませていました。


出張などで東京に行けるかと、社会人になる自分を想像して胸をときめかせる暢子。

帰り道、姉の良子(川口春奈)と妹・歌子(上白石萌歌)と偶然一緒になりました。


良子は高校卒業後、那覇の短大に進学。


今年から村の小学校で教師として働いています。

画像


歌子は、今年高校一年生になりました。

画像


相変わらずの人見知りで恥ずかしがり屋の歌子は、突然熱を出すところも子どものころから変わっていません。


三人の母・優子(仲間由紀恵)は、賢三(大森南朋)がこの世を去ってから村の共同売店で働いています。

画像


前田の妻が早くに亡くなり、優子に白羽の矢が立ったのです。

**


砂川豆腐の智(前田公輝)は、商売を広げようと共同売店にも豆腐を置くなど、精力的に働いています。

暢子たちが共同売店に立ち寄ります。


良子はみんなに見られないよう、そっとポストに手紙を入れました。


手紙を送る相手は石川博夫(山田裕貴)で、良子の学生時代の友人です。


暢子が「今日は一緒に帰れる?」と優子に尋ねます。


「棚卸があるから…」と優子。


そこへ売店の電話が鳴りました。


電話は村のお巡りさんからです。

**

問題を起こした賢秀(竜星涼)を迎えに行く暢子たち。


高校時代ボクシング部に所属していた賢秀は、喧嘩をして高校を中退。


その後那覇などに働きに行きましたが、そこでも喧嘩をするなどして仕事が長続きせず、今は家でごろごろしています。


この日は岸壁で釣りをしていた若者が、村のおばぁ(あめくみちこ)を突き飛ばし、それに腹を立てた賢秀が相手を殴ってしまいました。


暢子たちは、ろくに仕事もせず問題ばかり起こす兄に呆れかえります。


しかし賢秀は、まったく反省していない様子です。

**

家に帰った暢子が夕食を作っていると優子が帰ってきました。


良子は「明日は勉強会があるから遅くなる」と優子に伝えます。


それを聞いた暢子は「いいな」と言います。


優子から「就職して家にお金を入れてくれれば、夕食を作らなくてもいいからね」と言われ、嬉しくなる暢子。


夕飯を食べていると、前田がやって来ました。


渋い顔をしながら「就職先から、話はなかったことにして欲しいと連絡があった…」と前田が話します。


実は賢秀がけんかした相手が…。

<<10話のネタバレ

>>12話のネタバレ

ちむどんどん11話の視聴者の感想

家が貧乏で借金があって、父親が亡くなっていて、母親が慣れない工事現場で働いていて、妹が3人もいたら、長男は中学卒業したら、就職するだろう。
私は賢秀より10歳年下だが、家が貧しく賢秀同様、妹が3人いたので、中学を卒業すると大阪の紡績工場で働きながら、定時制高校を卒業した。同級生には沖繩出身の子が何人もいた。
皆んな少ない給料から家に仕送りをしていた。
賢秀が普通に高校に進学出来たことも不思議だが、せっかく進学出来たのに中退して、今現在働いてもいないとなると、あの借金問題はどうなったの、と言いたくなる。
散々、貧乏だの借金だのと描いて置きながら、比嘉家の子どもたちは、中学校を卒業してから働きにも出ず全員が進学しているなんて、絶対にあり得ないですよね。ましてや、長女の良子ちゃんは、短大まで卒業して学校の先生になっているのですから・・・。ハッキリいって、あの島の人たちから見れば、比嘉家は、もう大金持ちですね!!
子供を口減らしの為に泣く泣く別れる事になってからの話かと思っていたら、ここは作り話の良い点か?いつの間にか皆の望むめでたし話に一気に7年が経っていて、高校まで進学しているではないか。
実際のところ、生活費の工面、借金の清算、学費、病人の医者代、全ての金銭にまつわる問題をどうやって乗り切れたのか知りたいものです。
石場の主任も言っていたように子供を奉公に出すのは当たり前だったのなら、周りの人も助けられないのではなかろうか。現実では不可能かと思います。とは言え、作り話なのだから幸せになりましたの話にしたかったのでしょう。これからどうなるか見て行きます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる