MENU

最愛4話のネタバレとあらすじ!視聴率は?すでに優が犯人になってるが、今後どうなる?

最愛4話

『最愛』第四話では、めくるめく急展開にまるでジェットコースターに乗っているかのような気分になりました!

金曜ドラマ「最愛」の4話あらすじ・ネタバレを紹介しています。

伏線だらけの完全オリジナル内容となっており、かなり盛り上がっているドラマです。

とりあえず、どんなストーリーになっているのか、気になる人は是非最後までお付き合いください。

まだ視聴する前だったら注意してくださいね!

ちなみに、動画配信サービスでも視聴することができます。Paraviに登録すれば、2週間無料で利用できるので、無料で視聴したい人にもおすすめ!

\2週間無料視聴/
Paravi
目次

最愛4話のネタバレとあらすじ!優が犯人だけど、今後は?

最愛4話のあらすじ

事業説明会での騒動に加え、真田ウェルネスの疑惑を追及する記事のゲラが出回り、後藤(及川光博)の梨央(吉高由里子)への風当たりはますます強くなった。さらに、後藤は会社の裏事情を嗅ぎ回るしおり(田中みな実)に不信感を抱きはじめ、彼女について調べるよう情報屋(高橋文哉)に指示を出す。

その頃、警察は殺人事件の被害者である昭(酒向芳)に500万円を渡した男の足取りを追っていた。大輝(松下洸平)は桑田(佐久間由衣)と共に真田ウェルネスを訪ね、梨央と加瀬(井浦新)に男の心当たりがないか、さらに事件当夜の加瀬の行動について聞く。

翌朝、1本のネットニュースが梨央をさらなる窮地へと追い込む。「疑惑だらけの治験薬」という新薬の中傷記事で、不安を感じた被験者が治験の中断を申し出る事態に。社内にも動揺が広がり、真田グループの株価にまで影響が出始めていた・・・。

引用:TBS

最愛4話のネタバレ

第4話のモノローグで「かけがえのないものと聞いて何を思い浮かべるか?」と語るのは真田ウエルネス専務、後藤信介。後藤は自分を受け入れた会社を何よりも大切に思っていた。

真田ウエルネスに送られた記事は役員会で説明するという真田梨央。後藤は梨央の社長としての資質に言及し、躓けば責任を取るように詰め寄る。一方、捜査本部では梨央を第一容疑者としながら、黒い帽子の少年の足取りを追うこととなる。そして社外では後藤とフリー記者、橘しおりが密会する。しおりは真田ウエルネスのペーパーカンパニーを見つけたと後藤に伝えた。それを受けて後藤は、調査員の少年へしおりを調べるように命令する。

梨央は加瀬賢一郎を同席させて、大輝、桑田仁美から話を聞かれる。黒い帽子の少年の写真を見せられるが、加瀬とともに「知らない」と答える。加瀬は事件当日のアリバイを確認され、深夜に梨央にメールをしたと答えた。その様子を見た桑田から「2人は交際しているか」と問われて加瀬はひどく動揺しながら「家族」だと答える。大輝らを見送りながら加瀬は、今後は自分を通して連絡するように大輝に伝えた。

自宅で寝ている梨央を加瀬が訪ねる。開発中の新薬SND850の誤った情報がネット記事として出回ってしまった。そこに真田ウエルネスの創薬ラボ所長、梅野こずえから電話があり、記事を見て治験を中止したい患者がいると相談される。

梨央が帰宅途中に店で食事をしていると、大輝から着信がある。桑田を車で待機させて大輝は梨央の元に1人で向かった。送迎のために大輝は待機場所まで梨央を誘導する。本当はすべてを打ち明けたいと考える梨央だが、信号待ちの交差点で昭の事件について「やっとらん」と伝えるのが精一杯だった。大輝は梨央を信じる、犯人でないことを自分が証明する、だから新薬開発を諦めるなと伝えた。振り向いた大輝の胸に、梨央は涙を見せないように飛び込んだ。しかし、大輝は抱き締め返すことができなかった。それから梨央は治験者へのアプローチを続け、大輝は捜査範囲を拡大して、それぞれができることを続ける。

昭に金銭を渡したとみられる少年について聞き込みをしていた大輝らは、マンスリーマンション入居者の生田誠に行き着く。マンションで素性を確認していると、そこに少年が帰ってきた。大輝の顔を見ると逃げる少年。そして大輝は彼を追う。踏み切りで分断された大輝は少年に「逃げたってなんも変わんないぞ」と叫ぶ。電車通過後に彼はいなくなっていた。マンションに戻る途中に少年から着信があり、PC内のフォルダを閲覧するように指示される。そして「それを見れば本当のことがわかるよ、大ちゃん」と告げられた。

定例役員会当日、後藤は梨央が会社の信用を落とした責任は重大と述べる。事件がきっかけで創薬事業への追加投資の取りやめの話が出ていると報告した。会の途中で海野から治験者が治験を続けるとの報告がなされる。加瀬や梓からの後押しもあり、梨央は1年以内に会社に貢献することを約束した。

梨央のタブレットに旧姓:朝宮のアドレスから動画が送られた。マンションで大輝は少年の指示通りに動画を確認する。それらは同じ動画だった。昭と話す梨央、梨央が去ってカメラが昭に近寄っていく。昭が必死に話している。少年は昭の首に手を掛けて昭は池に落ちた。

梨央は同じアドレスでビルの屋上に呼び出された。そこに現れた少年は、右手に良く知る傷がある弟の優だった。大輝は動画の手の傷で彼が優だと気付く。優は梨央に一生会わないつもりだったと告げ、昭をやったのは俺だと言い切った。

最愛4話のみんなの感想

一番の見どころは、梨央と優の再会ですが、なぜ情報屋をしているのかの謎も深くなりました。それと、初めの梨央と大輝が昔のように接する場面。一瞬にして緊張が解けましたね。一応、仕事上会ってはいけない2人なので、こんな風に昔のように接する事もNGなはずです。2人の空気感が本当の幼なじみのようでホッとした瞬間でした。お願い!2人の関係バレないで!と願いました。そして、優の罪も出来ればバレないで欲しいですが、誰が真犯人なのかも気になります。

加瀬さんが傷を負ってだいぶ流血していたので、子供と心配しながら見ていましたが思ったより軽傷でびっくり・・・。
そして大きく成長した弟の存在が明らかになり、イケメンに成長してる!!と大興奮。めちゃかっこよくなってて、でも小学生の頃の可愛さも残ってて、見ていて飽きないです。ドラマを見るモチベーションになってます。大ちゃんが優を追っていた時は気づいていて追っているのかと思っていましたが、大ちゃんのショックは相当かなと感じました。そしてリオも。映像を見たショックは図りしれないと思います。
橘しおりについては、優が調べた結果で大学休学と出ていた時点で納得してしまいました。なるほどなーと予想がつきましたが、目的はなんだろうか?という疑問は残ります。
真田梓はずっとどっしりと構えていますが、本当はすべて知っているんではないだろうか?知った上で厳しいことを言って母として社長としてリオを見守っているように感じます。
リオと大ちゃんが密かに会っているのは見ていてハラハラしますね。そのうち上司にばれて飛ばされるんではないでしょうか。早く真相を分かち合ってほしいです。

橘しおりが殺人事件についての記事で追い込んできて後藤からもプレッシャーを受け治験絡みでも関係者から不満を持たれる梨央。そんな苦しんでる状況の梨央が「私はやっとらんよ、殺しとらん」と大輝に言った場面が印象的でした。それに対して大輝が梨央が犯人ではないことを証明すると発言したのが第4話の見せ場だったなと感じました。刑事の際にはシビアな雰囲気を漂わす大輝が梨央と2人きりの時に見せる優しさはグッとくるものがありました。大輝が起こしたギャップ効果は凄まじいものでした。

登場人物が全て何かを隠しているように見えて、誰が犯人なのかわからない。今まで焦点の当たっていなかった人物も何か過去に動機となるようなことがあったのかもしれない。そうした事実が少しずつ浮かび上がっていく過程で、それぞれ理由があって今の人生を生きているということがわかる。事件の真相が気になるのと並行して、梨央と大輝の二人からも目が離せない。吉高由里子と松下洸平の相性の良さは抜群であり、これからもどんな切ないシーンを魅せてくれるのか期待したい。

何といっても見所は終盤、情報屋である生田誠の正体が梨央の弟・優だと判明したことだ。情報屋=優という疑惑はずっとあったが、現実を実際に突きつけられるとやはり衝撃を受けた。特に、刑事の大輝にかかってきた電話から聞こえた「大ちゃん」という最後の一言は、周りの音がなくなるという演出と相まって震えるような感覚を覚えた。この第四話では、言葉に乗せられた感情に心揺さぶられた。「大ちゃん」という言葉の他にも、優を追いかけた大輝の「逃げたって何も変わらんぞ」という言葉など俳優さんの魂の叫びが心にぐさぐさ刺さった。ストーリー展開は勿論、俳優さんたちの演技が光る第四話であったと思う。

主人公の梨央の初恋の相手大ちゃんとの居酒屋での再会のシーンがたまらなく切なかった。二人で方言で話しながらも、初恋の相手との再会なのに容疑者と刑事という関係が邪魔をするもどかしさ。自分の家族に会えない梨央に、加瀬が語った「家族ですから」の一言が後になってじわじわくるセリフだった。加瀬の従順な姿勢は怪しいのか怪しくないのかが不明だけれど、どうか本当に良い人でいてくれと願うばかり。第四話は、切ない気持ちがギュッと詰まったストーリー展開でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる