MENU

最愛3話のネタバレとあらすじ!弟はどこに行った?失踪の真実

第3話のモノローグは真田グループの弁護士、加瀬賢一郎。加瀬の両親は早くに亡くなり、社会に出て真田家という家族を得た。加瀬には梨央は逃げ場を失って迷い込んできたように見えた。

そして梨央の弟、優は15歳の時に彼女の前から姿を消した。。。

ということで、金曜ドラマ「最愛」の3話あらすじ・ネタバレを紹介しています。

伏線だらけの完全オリジナル内容となっており、かなり盛り上がっているドラマです。

とりあえず、どんなストーリーになっているのか、気になる人は是非最後までお付き合いください。

まだ視聴する前だったら注意してくださいね!

ちなみに、動画配信サービスでも視聴することができます。Paraviに登録すれば、2週間無料で利用できるので、無料で視聴したい人にもおすすめ!

\2週間無料視聴/
Paravi

 

目次

最愛3話のネタバレとあらすじ

最愛3話のあらすじ

大輝(松下洸平)から「友達として話をしたい」と言われた梨央(吉高由里子)は、近所の馴染みの鉄板焼き店へ。ぎこちないながらも昔のような空気が2人の間に流れ、梨央は事件当夜のことを話し始める。

署に戻った大輝は、梨央の足取りを付近の防犯カメラで確認。彼女の話に矛盾はなく、相棒の桑田(佐久間由衣)も梨央は犯人ではないと感じるが、同時にどこか煮え切らない大輝の態度がひっかかる。

そんな折、「真田ウェルネス」に一通の脅迫メールが届く。後藤(及川光博)は事業説明会の中止を進言するが、新薬開発をなんとしても成功させたい梨央は「中止はしない」と断言。説明会がアナリストやメディアに評価されて新薬が承認されれば、自分の前から突然姿を消した弟の優が戻ってきてくれるかもしれないという思いもあった。物々しい警備体制のなか、事業説明会が始まる・・・。

引用:TBS

最愛3話のネタバレ

梨央は行きつけの店で刑事の宮崎大輝と話す。被害者と参考人が自分の知り合いで私情を挟まずにはいられない大輝。警察官として梨央と再会するとは思わなかったとこぼす。

梨央はお守りに見覚えがあること、貰った日に紛失して寮の中にはなかったことを伝える。被害者の渡辺昭とは会社以外の場所、芝池公園で会ったが話をしただけと話した。

その後、梨央は加瀬と合流、子供のように言い訳をする梨央を加瀬は優しい眼差しで見ていた。

捜査本部に戻った大輝は監視カメラの映像と梨央の証言が一致していることを、同僚たちに伝えた。全てを話していない梨央を察する大輝だが、踏み込むことができない。

梨央のことを話している大輝を見て、同僚、桑田仁美は大輝と梨央の関係を疑ってしまう。

梨央は自分の部屋で目覚める。優から届いたポストカードはすべて壁に飾っている。そこに秘書から電話が掛かり、事業説明会のことで相談があるという。

会社に事業説明会の中止を求める脅迫メールが届いていた。専務、後藤信介は中止を提案するが、梨央は頑として中止はしないと言う。後藤は昭の事件に関与しているとして梨央を責める。

捜査本部では梨央が第一容疑者として名前が挙がっていた。梨央の個人口座や会社での取引履歴はなく、500万円の出処がわからない。地道に捜査を続ける大輝、桑田は芝池公園から梨央を乗せたタクシー運転手に聞き込みをする。ドライブレコーダーにも不審な点はないが、大輝だけが梨央が泣いていることに気付いた。

梨央は優のため、そして優と同じ病気の人のために新薬開発に尽力している。2012年、優は突然いなくなった。梨央は優を探すが、全く見つからない。加瀬がうずくまる梨央を迎えに行き、新しい家族を頼るように伝えた。その言葉通り、母、梓が優を見つけたが、優は梨央には会いたくない、そしてその理由を知っていると言った。優が梨央に残した手紙には自分が人を殺したこと、記憶が戻ったことを書いていた。

2021年、大輝と桑田は真田ウエルネスの秘書に話を聞く。その時に秘書は2人に脅迫メールのことを相談した。事業説明会当日、大輝は地下駐車場にこの前と同じナンバーの不審車両を見つける。

会場を走り回る大輝を怪訝そうに見る加瀬。会場内のトイレの着替えを大輝が見つけた頃、梨央の控え室で警備員がナイフを取り出していた。

身の危険を感じた梨央は加瀬に電話を掛けるが、犯人に連れ出されてしまう。2人を見つけた大輝は急いで地下駐車場へ向かう。一足先に駐車場にいた加瀬は梨央を奪い返した時にナイフで切り付けられてしまう。そこに大輝が駆けつけて犯人を確保した。

加瀬は病院に搬送され、梨央は待合室で処置を待っていた。そこに大輝が合流、脅迫状の犯人は梨央を逆恨みした別企業の元経営者だったと伝える。

昭の事件について話していると「友達として話せたらいいのに」とぽつりと言う梨央。大輝は梨央に「ずっとどうしとるんか気になっとった」と伝えて2人は見つめ合う。

真田ウエルネスには問い合わせが殺到し、説明会の仕切り直しすら危ぶまれていた。しおりは自分の記事を真田ウエルネスに送り付け、後藤との交渉準備を進めていた。

その頃、捜査本部では昭への金銭授受は黒い帽子の若い男性によるものと判明した。その男性は昭の事件で芝池公園の監視カメラに映っていたうちの1人だった。

最愛3話の視聴率

最愛3話の視聴率は8.6%とのことでした。

前回の8.9%から、少し下がってしまいましたね!

最愛3話のみんなの感想

これまでも荒んだ雰囲気を漂わせていたフリーライター橘しおりが存分に存在感をみせていたのが印象に強く残った回でした。仕事に対する情熱があり果敢な生き様というのが目にとまりました。橘しおりという存在は田中みな実にはしっくりこないような役だなとは思っていましたが上手く演じているよなと評価しました。バラエティで見る田中みな実とは真逆の人間を演じている分、違和感を感じる人もいた筈です。しかし深く考えるとそれを踏まえて田中みな実がこのやさぐれ感を出せるのは凄いなと感心しました。

東京で再会後の梨央と大輝の関係がよそよそしかっただけにこの2人の行方はどうなってしまうのだろうかととても案じていたので、すっかり打ち解け合っている様子には安心もしましたし、最愛とはやはりこの2人が相思相愛になる事を意味しているのだろうかという思いも芽生えてきました。梨央が男に包丁を突き付けられた時は主役がここで命を落とす事はないとはわかっていてもここまで見てきた中では緊迫感が画面からひしひしと伝わってくる最も冷や冷やドキドキのシーンでした。

リオと大ちゃんが二人で昔話をしているシーンはじんときました。二人だけの時間はハラハラしましたが、秘密の隠れ家みたいで良いお店です。心を許した店主さんがいるお店があるのは心強いですよね。
優が姿を消していたのは驚きでした。15歳で姿って消せるんだなーと疑問も残りますが、あの可愛い小学生だった男の子が毎回不憫でなりません。脅迫文が届いて、警備員に扮した男に連れ去られるところはドキドキしましたが、ちょっと無用心ですよね。脅迫文が届いてるのに控室の前に誰か警備させておけば?と思ってしまいした。

冒頭で梨央が公園での話を説明してるけど本当にそれだけではないんじゃないかと勘ぐりたくなりました。過去の殺人の事を知ってるだけに優を守る為にもしかしたら梨央が殺してしまったからあえて殺人現場で会っていたと言ってるのかなと思いました。説明会への脅迫が事件と関係あるのかと思った。連れ去られそうな梨央を必死に探す大輝と加瀬さんの姿が3人の関係性を表している様でした。
もんじゃ屋のシーンはハラハラする事の多いこのドラマの中でも見てる方もほっと出来る休憩ポイントです。
後藤の動きも怪しいです。神経質そうな後藤を及川さんが上手く演じてるなと思います。怪しい人がい過ぎて伏線見逃さないように気が抜けません。

1.2話で少し距離のあった二人が、もんじゃ焼きを食べている姿に感動しました。会話の内容こそシリアスでしたが、過去で止まってしまった時間がこれから少しずつ動いていく事を表す演出だったと思います。また、病院で大輝と梨央が会話しているシーンで、大輝が「ずっと気になっとった」といったシーンはかなりキュンキュンしました。「え?やっぱりまだ好きなの?!」と視聴者を良い意味で惑わすシーンだったと思います。最愛は、殺人がありその犯人を操作するシリアスな内容ですか、「誰が誰を想って行動・発言しているか」目を向けるとかなり面白いドラマです。

夜、仕事から帰る時、ずっと好きだった主人公宮崎大輝(松下洸平)と出会い、一緒に昔の話をしている所が胸キュンしました。
ヒロイン真田梨央(吉高由里子)が、説明会に行く時、警備員の男性に、命を狙われていた時、それを見た弁護士の加瀬(井浦新)が梨央を助けに行く所が、素敵でした。
梨央が泣くている時、加瀬が、そばにいてあげている所が、男らしくて良かったです。
弟優(高橋文哉)が、逃げている所も、気になりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる