MENU

元彼の遺言状4話のネタバレ-みんなの感想【1人の少女の出現】

元彼の遺言状4話

この記事では元彼の遺言状の4話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。

まだ謎が多い部分が目立ちますが、4話ではどのような展開をむかえるのでしょうか?

まだ視聴していない人は注意願います。

目次

元彼の遺言状4話のあらすじとネタバレ

画像
フジテレビ

4話のネタバレあらすじ

『元彼の遺言状』 第4話

事の始まり
「先生、私どうしたら」と電話をかける女性。「大丈夫、あなたのせいじゃない、これは私たちだけの秘密よ」と諭す相手の女性。この意味深な会話から物語が始まる。

カネの亡者とミステリーマニア、そして事件が起こる
くらしの法律事務所では、企業弁護士を片っ端から調べる剣持麗子。「老舗の企業の顧問弁護士なら老齢でそろそろ死ぬだろう」と、そして「そこに自分が攻勢をかけたらサスティナブルな契約が結べる」と皮算用。一方、篠田敬太郎は敬愛する女性ミステリー作家・秦野廉のオンライン会見が間もなく始まるとワクワク。『胡桃沢啓二シリーズ』の13年ぶりの最新作『甘い殺人』の記者会見が始まる。そこで秦野が「私は人を殺しました」と暴露。篠田は「分かった!今回の挑戦状はこう来たかぁ~」と。以前にも参加者に挑戦状を突きつけていたことから、このように考えた篠田。しかし、風向きが変わる。秦野が殺害現場の住所を伝える。そこに警察が行ってみると遺体が発見される。「ほんとに誰か死んだ」と呟く篠田。

麗子にとって、絶好のチャンスがやって来る
夫を殺してしまったと現れる女性。彼女の名は清宮加奈子。篠田は「遺体は1つ、犯人は2人」と呟くが、麗子は「大手出版社が殺人犯の本を出すと思う?」と、暗に秦野が犯人ではないと主張する。ブツブツ言う篠田を連れて、「行くわよ」と麗子。向かった先は秦野の新作を手掛ける白川出版。「老齢弁護士には引退していただきましょう」と麗子は意気揚々。

今回も現れたか!津々井!
白川出版の玄関に着くと何と、今回も津々井と鉢合わせ。両者とも魂胆は一緒なのだ。受付では、津々井はアポをとっていたためすんなりと通されるが、アポなしの麗子と篠田は足止めを喰らう。しかし、篠田が機転を利かす。受付嬢のネイルを見て副業をやっていることを推理、「副業が会社にバレたら・・・」と軽~い脅迫をする篠田。すると2枚の入館証で手を打つことになり、2人は無事に入館できることに。

出版社の顧問弁護の争奪戦
白川出版社側の編集者を前にして津々井、麗子が顧問弁護のことを争うように売り込む。当然、津々井は麗子の分が悪くなるように話を持っていく。分の悪い麗子はいきなり「今宵、私の仕掛けるトリックが解けるかな?」と切り出す。これは女性ミステリー作家・秦野のことを意識した演出。作品への愛を強調して出版社側を麗子はオトす。麗子の勝利、見事、顧問弁護士の座を射止める。

作家・秦野の証言
くらしの法律事務所にて。秦野と麗子、篠田と初顔合わせ。「素晴らしいプロモーションになりましたね」と切り出す麗子。いくら何でもそれは失礼と言う様子の篠田。秦野は「私の小説が人を殺してしまうなんて」と呟く。彼女の小説を読んだ妻(加奈子)が夫を殺したと言う。殺人教唆の可能性に触れる麗子に対して篠田は「小説だよ!?」と、そんなわけないだろうという様子。しかし過去の判例を持ち出し、あくまでも可能性がゼロではないことを告げる麗子。「(担当編集者が最初に読むべき)小説をなぜ読むことができたのか」と篠田は秦野に問う。秦野は「以前に評論家に酷評されたトラウマがあるので、加奈子に読んでもらい、感想を聞いた」と説明。「先生には殺人教唆の可能性はない」「先生が気に病むことはない」と麗子は秦野を安心させる言葉をかける。

加奈子との面会、そして新事実が
加奈子のもとに麗子が面会に行く。すると彼女は「原稿を読んでいない」と麗子に伝える。加奈子の証言は秦野と食い違っている。しかし麗子は「安心しました、これで先生は殺人教唆に問われることはない」と。帰り際には「行ける、今回は行ける」と麗子は嬉しそうに帰路につこうとする。そこに現れたのがいつもの警察の2人、橘五郎と彼の部下・松田。そこで今までには知らなかった事実が麗子に突きつけられる。橘は「加奈子には娘がいたんですよ」と。

1人の少女の出現
事件現場に行く篠田。そこには1人の少女が。篠田は「おじさん、弁護士の助手だよ」と。すると少女は「弁護士って、剣持麗子?」と。この少女をくらしの法律事務所に連れて来る。彼女の名は清宮希。清宮加奈子の娘だ。希は「お母さんを助けてください」と開口一番。「お母さんは自首してるのよ、どうやって助けろというの?」と麗子。話にならず、出て行こうとした希に「あなたは先生の小説を読んだ?」と聞く麗子。すると希は「関係ない弁護士に言う必要はない」と。

今回も紗英がちょっとした手助け
以前は麗子を陥れるために、秦野の殺人教唆論を押していたTVコメントだったが、数日後には手のひらを返したような肯定的コメント。森川紗英がカネにものを言わせて黙らせたのだ。

篠田の聞き込み
ちょっと野暮用でと篠田が外出する。待ち合わせたのは前回関わったホストの黒丑益也。篠田は彼と合流する。そして、清宮家のことをかぎまわる。希が包丁まで持ち出す騒ぎがあったことを知る篠田たち。

篠田の推理
くらしの法律事務所では、篠田が「加奈子さんはどうして自首したんだと思う?」と切り出す。さらに、おかしいと思う点を次々と挙げる。「犯人は小説を読んだに違いない、麗子ちゃんだって分かってるんだろ、もう一人小説を読んだ人がいることを」と続ける。篠田の声を打ち消すように出て行く麗子。そして白川出版に出向く。

明らかに真相を隠している加奈子
警察から麗子のもとに電話がかかってくる。「清宮加奈子が供述を変えました」。麗子は加奈子と面会し、「警察に言われましたね」と切り出す。さらに加奈子に対して詳細を問い詰めると、答えられずに「私が殺したんです」と加奈子は涙ながらに訴えるだけになってしまう。

希の言葉に気づく麗子
くらしの法律事務所に帰ると、希が「先生の小説を読んで父親を殺す決心をした」と。そして警察に出向こうとする希。「担当の刑事さんが胡桃沢啓二さんみたいなのがいいな」と希が口走った。このことから希が勘違いをしているとピンと来た麗子は希に対して「(出頭は)明日にしなさい」と、今すぐ行動することを止める。麗子と篠田は食事をしながら事実を整理し、推理を進めていく。

核心に迫る序盤戦
秦野の部屋にやって来る麗子と篠田。「先生にお伺いしたいことがあってやって参りました」と麗子は切り出す。「加奈子さんは誰かをかばっていますね」と続ける。すると秦野は、希がやったと言い出す。自分の小説を希が読んでしまったと。加奈子は亡くなっている夫を見て、希がやったと悟り、秦野に電話。秦野は「私たちだけの秘密よ」と加奈子に伝える。「秘密にしようといったが、私には責任がある」と続けた秦野は「だから会見で自分がやったと言った」と言うのであった。

麗子+篠田VS秦野の詰将棋
麗子は「清宮家に行ったことがないのか」と秦野に問う。すると秦野は「ない」とキッパリ。次に「本当に本のようにやると殺人ができるのか」とツッコむ。篠田もツッコみ始め、話を展開しているうちに、とうとう口にしてはいけない事実を言ってしまう秦野。あくまでも秦野は希が読んだと言い張る。しかし、篠田は、希は読んでないと警察に言ったと。さらに、決め手を突きつける篠田。そしてとうとう詰みとなる秦野。自分のやったことを包み隠さず白状する。篠田は「何がやりたかったんですか」と問う。「小説を売りたかった」と秦野。付け加えて「再起をかけた13年ぶりの小説だった」「これが売れなければ終わりだ」と。

麗子はどの時点で秦野を疑っていたのか?
初めて会った時に、手袋をしていたのにマニキュアをしていたことを指摘する麗子。この時からすでに秦野を疑っていた。お手上げの秦野。次回作のモデルにと力なく続ける。そんな秦野に、「警察が来る前に弁護料金を」と請求書を手渡す麗子だった。

今回もか!そして、篠田の秘密とは?
白川出版では、散々秦野を持ち上げていたのに、殺人犯だと分かった瞬間に、編集者が手のひらを返したような態度になる。篠田はそんな編集者に呆れる。編集者は麗子と顧問契約を前向きにとらえていると伝えたものの、篠田は、作品に愛すらない編集者たちはこちらからお断りと。大きな魚を逃す寸前の麗子は取り成そうとするも、結局顧問契約は御破算に。くらしの法律事務所に戻った2人は大ゲンカ。篠田は不貞腐れてベッドに横になり、栄治との回想、当時の彼は「僕は大学行ってないからなぁ」と。麗子と出会った時は「大学時代の友人」と言っていたが、果たして彼は何者なのか?


>>5話のネタバレ

<<3話のネタバレ

\2週間無料視聴/

FODで視聴する

元彼の遺言状4話のみんなの感想

泉洋は、日曜の大河ドラマの悪い頼朝を観た翌日の月曜に、これがあるからキャラが違いすぎてドン引きしてしまう。そんな視聴者多いと思う!

ラストの回想シーン?大学行ってないって?
大学の先輩じゃなかったっけ⁉️

綾瀬はるかの金欲と食欲は、毎回のお約束!

綾瀬はるかの毎回クライアントと交渉が上手く行きかけた時の、ヨッシャのポーズは毎回ツボ!

決まってその契約がポシャっておじゃんになるのも、これまで同じパターンだから最後まで儲かる契約は取れないのかも!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる