MENU

鎌倉殿の13人23話のネタバレ-みんなの感想【狩りと獲物】

鎌倉殿の13人23話ネタバレ

この記事では鎌倉殿の13人の23話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

曽我兄弟に関わる不穏な動きを知った義時は、父・時政を問いただします。

義時から仇討ちの裏で謀反の計画があることを聞かされた時政は、自分が兄弟に利用されたと知り、愕然とします。

目次

鎌倉殿の13人23話のあらすじとネタバレ

23話のネタバレあらすじ

そんな中、巻狩りの準備はすすみ、坂東各地から御家人が集まってきました。

頼朝は、万寿が御家人たちの前で獲物を討ち取り、山の神に捧げれば、万寿が次の鎌倉殿と世に知らしめることができると考えます。

しかし、万寿は思うように獲物をしとめることができません。

そんな万寿に対して、御家人たちはなんとか獲物をしとめさせようと工作しますが、あっけなく万寿にばれてしまいます。

万寿は金剛に、いつか弓の達人になるのだと約束し、空に向かって矢を放ちますが、その矢は草むらにいた比企能員の足に刺さってしまいました。

ケガを負った比企能員は一足先に鎌倉に戻り、政子に万寿が大きな鹿を射止めたと報告します。

しかし、政子は源氏の嫡流ならば、そのくらい当然のことと受け流してしまいます。

政子にそっけなくあしらわれてしまった比企能員は不服でしたが、政子は裏で大喜びしていたのでした。

翌日の夜、頼朝は比企能員が呼び寄せていた比奈のもとを訪れようとしますが、安達盛長に反対されてしまいます。

そこで、頼朝は自分の身代わりとして、工藤祐経を自分の寝所に寝かせ、比奈のもとへ向かいました。

しかし、比奈と一緒に頼朝を待ち受けていた義時に女癖の悪さを指摘され、腹を立てた頼朝は怒って姿を消してしまいます。

その頃、曽我兄弟と同行していた仁田忠常は、彼らの不審な動きに気づき、兄・祐成を斬りました。

その後、時致は頼朝の寝所に侵入し、横になっている人物を斬りつけます。

しかし、その人物は頼朝の身代わりになっていた工藤祐経だったのです。

それに気づかない時致は、謀反が成功したと確信します。

やがて、頼朝に対する謀反の知らせが万寿や御家人たちに入りました。

混乱により情報が錯綜する中、万寿は守りを固めるべく采配を振るいます。

万寿は義時に事の真偽を確認するよう命じ、金剛には残って自分を守るよう指示をします。

義時が頼朝の寝所に駆け付け、首のない遺体を前に呆然としていると、背後から頼朝が現れるのでした。

夜が明け、錯綜する情報の中で、範頼は鎌倉を守るために政子たちを全成に託します。

一方、曽我兄弟の謀反により頼朝だけでなく万寿も失ったとの知らせを受けた比企能員は比企に縁のある範頼を鎌倉殿にしようと、範頼に話をします。

範頼は鎌倉殿になる決意を固めますが、御所内では決断するにはまだ早いという意見もあり、まとまりません。

その頃、富士の裾野では、時致がついにとらえられました。

時致は、頼朝が自分の気に入った者ばかり登用し、気に入られないとひどい目に合うという政治のやり方が間違っていると思ったから謀反を起こしたのだと梶原景時に訴えます。

一方、曽我兄弟に力を貸した形になってしまった時政も苦しい立場に立たされていました。

時致をこのまま処分すれば、時政も罪を問われることになります。

そこで義時は、仇討ちを装った謀反ではなく、謀反を装った仇討ちに仕立て上げるという案を思いつきました。

時致の首はさらされ、義時のとりなしにより、時政はおとがめなしとなります。

義時は、やはり頼朝は天に守られていると思いました。

しかし頼朝は、今回は天の導きではなく、たまたま助かっただけだと言います。

夜、顔を曇らせている義時の傍らに比奈がいました。

一族を守るために手段を選ばず、また八重のことを忘れられない義時は、比奈を幸せにはできないと思っています。

しかし、比奈は自分が義時を見ていればいいと笑顔を見せます。 その頃、鎌倉に帰ってきた頼朝は、大江広元から範頼が鎌倉殿になろうとしていたとの報告を聞き、激怒するのでした。

鎌倉殿の13人23話のみんなの感想

放送終了後更新します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる