MENU

鎌倉殿の13人22話のネタバレ-みんなの感想【義時の生きる道】

鎌倉殿の13人22話のネタバレ

この記事では鎌倉殿の13人の22話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

八重を失った義時は、金剛をしっかり育てようと決意します。

義時は憔悴していましたが、野望に燃える頼朝に京へ同行するよう求められました。

そして、ついに頼朝は大軍を率いて上洛を果たします。

戦のない世を作るためには、朝廷は必要だと訴える頼朝に対して、後白河法皇は同意を表しました。

目次

鎌倉殿の13人22話のあらすじとネタバレ

22話のネタバレあらすじ

全国の守護を司ることを正式に朝廷から許可された頼朝は、摂関家の九条兼実と対面します。
九条兼実は、後白河法皇は病気で、もう先は長くないと頼朝に伝えました。
ともに朝廷を支えようと誓いながら、頼朝と九条兼実はお互いをけん制し合うのでした。

その頃、御家人たちは上洛の宴を開いていました。
義時の後添いの話になりましたが、義時はその場にいづらくなり、席を外します。
その義時のもとに畠山重忠が、頼朝への不信を募らせている御家人が範頼のもとで集まりを開いていると告げました。
範頼のもとに集まったのは、比企能員、土肥実平、千葉常胤、岡崎義実、三浦義澄らで、上洛で手間がかかる上に所領が増えないことで、頼朝に対して不満を持っていたのです。
不満を訴える御家人たちに対して範頼は、兄・頼朝が戦のない世を作るために耐えてくれと訴えました。
範頼が鎌倉殿であればよかったのにと比企能員は本音を漏らします。

その後、京から鎌倉へ頼朝は戻り、義時は子供たちの世話に追われます。
そんな義時を政子と実衣は見守ることにしました。
そこへ曽我祐成・時致兄弟を連れた時政が現れます。
時政は頼朝に二人を御家人として登用してもらいたいと考えていましたが、頼朝は京に縁のある者をそばに置きたがるようになっていたため、話を聞いた全成は、曽我兄弟が御家人として取り立てられることはないだろうと考えるのでした。

義時は金剛を男手一つで育て上げるため、八重が面倒を見ていた孤児たちの引き取り手を探すことを考えます。
政子も八重さんならきっと反対しないはずと同意しました。
その数日後、安達盛長の嫡男・弥九郎に金剛がけがをさせてしまったということで、義時は金剛を連れて安達盛長のもとを訪ねます。
義時は金剛に、北条家はほかの御家人より立場が上になるので、何事も慎まなけらばならないと諭しました。
安達盛長へ謝罪した後、鶴丸からけんかの原因は金剛が鶴丸をかばったからだと聞き、義時は金剛の頭を撫でたのでした。

しばらく後、ついに後白河法皇が崩御し、頼朝はついに征夷大将軍に任官されます。
同じ年、頼朝と政子との間に後の実朝となる千幡が誕生し、乳母として阿野全成と実衣夫婦が選ばれました。
このことに危機感を覚えた比企能員の妻・道は姪の比奈を頼朝の側女にしようと頼朝のそばに仕えさせることにします。
頼朝は比奈をたいそう気に入りましたが、政子が怒りを見せると、頼朝はとっさに義時の後添いに考えていたととぼけました。
それを聞いた政子は、比企家と北条家の懸け橋になるのではと前向きになります。
しかし、男手一つで金剛を育てると決めていた義時は比奈を比企家に戻してしまいました。

翌年5月、曽我兄弟は父を殺害した工藤祐経に対して仇討ちを計画していました。
工藤祐経は伊藤祐親と間違えて、祐親の息子であり曽我兄弟の父である河津祐泰を手にかけてしまい、兄弟は工藤祐経に恨みを募らせていたのです。
工藤祐経は頼朝から信頼されている御家人の一人ではありましたが、曽我兄弟の弟・時致の烏帽子親を務めたこともあり、時政は兄弟に協力する約束をしました。

その頃頼朝は、嫡男として万寿を披露するための巻狩りを行うことを考えていましたt。
工藤祐経の提案で、場所は富士の裾野になり、時政が取りまとめを任され、義時にも声がかかります。
曽我兄弟は工藤祐経の仇討ちだけでなく、頼朝暗殺計画も立てていました。
祖父・伊藤祐親のことや、頼朝の政治のやり方に大きな不満を持っていたのです。
そんな曽我兄弟に対して、20人ほどの御家人たちが同意していました。
その中には時政も入っていましたが、時政は頼朝暗殺計画については何も聞かされていません。
曽我兄弟に同意する岡崎義実は比企能員にも仲間に加わるよう声を掛けますが、
比企能員は頼朝暗殺計画が失敗すると思い、様子見をすることにしました。
そして、謀反の計画を知った梶原景時が義時に話をします。
父・時政が謀反に加担していると疑われていることを知り、義時は嫌な予感を抑えることができませんでした。

鎌倉殿の13人22話のみんなの感想

※感想は放送終了次第更新予定

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる