MENU

鎌倉殿の13人20話のネタバレ-みんなの感想【帰ってきた義経】

この記事では鎌倉殿の13人の20話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。
義時たちの前から姿を消した義経は、かつて庇護を受けていた藤原秀衡のもとに身を寄せていました。
平家を滅ぼした義経を秀衡はねぎらっていましたが、秀衡の息子から鎌倉の頼朝あてに、義経が平泉にいるという密書が届けられていました。
奥州で絶大な力を保っていた藤原氏は、頼朝にとって脅威の存在でした。

目次

鎌倉殿の13人20話のあらすじとネタバレ

20話のネタバレあらすじ

その頃、大姫はようやく笑顔を見せ始めます。
しかし、セミの抜け殻を見て義高を思い出し、泣き出してしまいました。
大姫の様子を見ていた頼朝は、姫を入内させようと考えます。

やがて、藤原秀衡は病床に伏せるようになりました。
死期を悟った秀衡は、義経のもとで力を合わせよと息子たちに命じます。
秀衡の遺言により、次男の泰衡をあらたな御舘とし、嫡男の国衡が泰衡を支えることになりました。

秀衡の死の知らせを受け、義時は平泉へ出向くことになりました。
義経を討つよう頼朝に命じられたのです。
頼朝は、直接手を下すのではなく、仲の良くない国衡と泰衡の間に入り、泰衡をたきつけて義経を討つように仕向けるよう義時に指示をしたのでした。
泰衡が義経を討つことにより、平泉を滅ぼす大義名分ができると頼朝は考えていたのです。
頼朝は、鎌倉の敵をすべて滅ぼさなければ、戦が終わることなく、新しい世を作れないと考えていました。
頼朝の強い意志を受けた義時はすぐに出立しようとしますが、その直後、範頼と全成から義経の命を助けてほしいと頼まれます。
できる限りのことはすると二人に約束し、義時は奥州へ向かいました。
その義時に、梶原景時のもとにいた善児が同行します。

平泉で、藤原泰衡・国衡と対面した義時は、義時を引き渡すよう伝えます。
しかし、泰衡は「今の九郎殿に謀反の気持ちはない」と断りました。
義時は義経に会いに行きました。
義時が対面した義経は真っ黒に日焼けし、畑仕事をしていました。
妻の里も弁慶も義経を手伝っていて、子どもも生まれていた義経は、もう戦をするつもりはないと義時に告げます。
しかし、「ただし平泉に手を出したら鎌倉が灰になるまで戦う」と義経は語気を荒げるのでした。
義時は義経を疑いましたが、農民だった善児は義経の手を見て、本気で畑で働いていると感じます。
翌日、相変わらず畑仕事をしている義経に、義時は静御前の話を始めました。
3年前に吉野を出てとらえられた静御前は、義経との関りを否定していましたが、ある時覚悟を決めて頼朝の前で舞いを披露し、義経との子供を身ごもっていると話しました。
その後、静は鎌倉に留め置かれ、生まれた男児を頼朝に殺害され、鎌倉を去った後は行方知れずになっていたのです。
静の話を聞いた義経は、怒りに任せて案山子を刀で切りつけました。

義経の様子を見ていた義時は、翌日、義経の頼朝への怒りは頂点に達していて、国衡と手を結んで挙兵するつもりだと泰衡に忠告しました。
それに対し、泰衡は鎌倉殿に盾突くつもりはないと答えます。
義時は、鎌倉殿に敵意がないことを明らかにするためには、義経の首を頼朝に届けるしかないと泰衡をあおります。
追い詰められた泰衡は、ついに義経討伐を決意するのでした。

鎌倉に戻ろうとしていた義時を義経は呼び止めます。
静の話をして、頼朝への憎悪を募らせるように仕向けたことや、泰衡をたきつけて義経討伐を決意させたことを義経はすべて見抜いていました。
義経は、兄頼朝にとって自分は邪魔ものだと感じており、平家を滅ぼして終わってしまった自分の首で平泉を守れるのなら本望だと義時に話します。
別れ際、義経は義時に鎌倉を攻める策をしたためた文を渡しました。

鎌倉に戻った義時は、その文を梶原景時に見せます。
文を見た景時は、この通りに攻められていたら、鎌倉はひとたまりもなかったと話しました。
そして、ついに義経の首が頼朝のもとに届けられます。
届いた首桶を抱えて「九郎 すまぬ」と頼朝は号泣するのでした。

>>21話のネタバレ

<<19話のネタバレ

鎌倉殿の13人20話のみんなの感想

※更新中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる