MENU

鎌倉殿の13人13話のネタバレ-みんなの感想【幼馴染の絆】

この記事では鎌倉殿の13人の13話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

伊豆へ帰ると言い出した北条時政(坂東彌十郎)を、引き止めようとする北条家の面々。
だが、全てが嫌になった時政の意思は固かった。
源頼朝(大泉洋)も、時政のことは何とも思っておらず、元はと言えば自身が悪かったのだと、認めるのだった。

目次

鎌倉殿の13人13話のあらすじとネタバレ

13話のネタバレあらすじ

~ナレーション~
頼朝の浮気は御家人たちを巻き込む大騒動となった。
源平の激突を目前に、鎌倉に亀裂が入ろうとしていた。

御所には行家(杉本哲太)が訪れ、所領をねだってきた。
義円を巻き込み死なせたことを、頼朝が許すはずもなく、金輪際、鎌倉に入ることを禁じた。
だが、行家は、自身が木曽義仲(青木崇高)と組んだらどうなるかと、反対に脅すのだった。

義仲と手を組まれたら、厄介なのは分かっている。
だが、動きが怪しい者たちは他にもいるため、鎌倉から離れられない頼朝。
全成(新納慎也)の占いに頼ろうとも捕まらない。
大江広元(栗原英雄)より、平清盛を呪い殺した男がいると聞き、すぐに呼び寄せることになった。

御所には、武田信義(八嶋智仁)が訪れており、義仲の話をしてきた。
義仲は、頼朝にとって従兄弟にあたり、源氏の中では頼朝にも劣らない勢力を持っていた。
そんな義仲が、鎌倉を攻めてくると言う噂があり、武田は頼朝に、何とかした方が良いと言ってきたのだった。

大江は、義仲に直に確かめようと言う。
信濃に軍勢を送り、噂が偽りなら、その証に人質を出せと迫る。
そして断れば、噂は真実ということで、そのまま義仲を討ちとることを提案してきたのだった。

その頃、京から呼び寄せた男が到着した。
だが、その男は文覚(市川猿之助)であった。

義仲に審議を確かめるために、送り出される坂東勢は猛反対する。
平家との戦いならまだしも、源氏同士のことに付き合わされる筋合いはないと、皆腹を立てていたのだ。
亀の一件があって以来、頼朝と御家人の間には溝が出来ていた。

軍勢を送れなくなった頼朝は、代わりに使者を送ることになった。
義経(菅田将暉)は、戦が始まると聞いて自身も連れて行けと、小四郎にねだる。
戦ではない上に、謹慎中の身なので断るのだが、義経は癇癪を起こす。
ついて行くだけだと言う義経を、小四郎は連れて行くことになった。

小四郎は相変わらず、八重(新垣結衣)のもとへ通っている。
毎度、律儀に手土産を持って行く小四郎。
小四郎の想いが、八重には辛かった。
「私は好きなのです、八重さんの笑っている姿が。」
八重に笑って、おかえりなさいと言って欲しい小四郎。
また来ます、と言って立ち去る小四郎の後ろ姿に、
「また来ますって…、自分の家でしょうが。」
と、八重はつぶやいた。

鎌倉に時政がいない今、比企能員(佐藤二朗)は、頼朝に取り入ろうとしていた。
頼朝の弟・範頼(迫田孝也)と義経を館に迎え、比企尼の孫にあたる娘たちを紹介する。
範頼は早々と引き上げるが、義経はとどまった。
そして翌朝、義経は信濃に向かうことはなかた。

木曽の陣にたどり着いた小四郎たちは、義仲に本意を聞くこととなった。
源氏が一つになり、平家を滅ぼすのが望みだという義仲。
そして、平家とのつながりの噂も否定した。
義仲が北陸へ兵を進めたのも、武田や頼朝とぶつかるのを避けたためで、他意はないとのことだった。

小四郎は、平家とのつながりがない証に、人質を出すよう、頼朝が言っていることを告げる。
行家はどうかと持ちかけるが、承諾しない。
義仲は、自身を頼ってきた者を追い出すようなことはできないと言い、代わりに息子を出すと言ってきた。
これが、義仲の誠だった。

一方、頼朝は凝りもせず、亀(江口のりこ)のもとに訪れる。
だが、政子(小池栄子)がいることに気付き、早々と逃げ出した。
家まで焼き払って、まだ足りないのかと聞く亀。
亀は、頼朝から身を引くことを決め、政子に条件を出してきた。
話を聞く気はない政子に、亀はかまわず話し出す。
御台所として、本当に鎌倉殿の妻にふさわしいのか考えろと言う。
御台所と呼ばれて、恥ずかしくない女になれと。
坂東中の女の憧れの的なのだから、励めと告げるのだった。
そのように考えたことのなかった政子は、亀の言われた通りにしようと思うのだった。

頼朝は八重のもとにまで訪れる。
だが、八重にも追い出されるのだった。


その様子を隠れて見ていた小四郎に、八重は気づく。
信濃の土産を八重に手渡す小四郎。
八重は、なぜ頼朝のことを問い詰めないのかと聞く。
そして、頼朝への想いはすでにないことを告げてきた。


小四郎は、幼い頃からずっと八重を想ってきており、この想いを大事にしたいのだと伝える。
振り向いて欲しいなど大それたことは望んでおらず、背を向けられようと八重に尽くし続ける。
八重が幸せであれば、小四郎は満足なのだった。
帰ろうとする小四郎を引き止め、笑顔で「おかえりなさいませ」と言う八重。
小四郎の想いはやっと八重に届き、小四郎は涙ながらに、「ただいま帰りました」と言うのであった。

>>14話のネタバレ

<<12話のネタバレ

鎌倉殿の13人13話のみんなの感想

※更新中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる