MENU

鎌倉殿の13人11話のネタバレ-みんなの感想【許されざる嘘】

この記事では鎌倉殿の13人の11話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。
源頼朝(大泉洋)により、八重(新垣結衣)との仲を取り持ってもらうことになった、小四郎こと北条義時(小栗旬)。
そもそも、八重の気持ちはどうなのかと、本人に聞くとあっさり断られてしまった。

目次

鎌倉殿の13人11話のあらすじとネタバレ

11話のネタバレあらすじ


挙兵の年の暮れ。頼朝は力を蓄えている。
打倒平家の旗の下、鎌倉に集う新たな面々。
心に頼れるのは誰だ。

八重に断られて泣く小四郎のもとに、三浦義村(山本耕史)が訪れる。
二人とも、八重に断られてはいるが、まだ諦めてはいなかった。
気を紛らわすかのように、自身の役目に励む小四郎。
平家との戦いを前に、家人をまとめる役目について、和田義盛(横田栄司)だけでは心もとないと思っていた。
頼朝は、一人気になっている者がいると言う。
その者は、梶原景時(中村獅童)であった。

鎌倉の御所が完成し、小四郎と頼朝は、武功をあげた者たちへの所領を決める話し合いをしていた。
記録に、小四郎の名前が載ってないことに気づいた頼朝は、直々に江間の地を小四郎に与えた。
和田には、侍所別当の役が与えられる。
侍大将にしてくれと言っていた和田の約束を、頼朝は覚えていたのだった。

頼朝は、家人を集め主従の契りを交わす。
これにより、関東に独自政権が芽生えた。
頼朝は、佐殿改め、鎌倉殿となり、家人も御家人となった。
頼朝は、石橋山での恩に報いたいと、梶原に侍所所司の役を与えたのだった。

頼朝の、義母兄弟・義円(成河)も加わり、頼朝は弟たちに、平家との戦いに備え我々は何をすべきかと聞く。
義円が答えるのを聞いていた義経(菅田将暉)が、口を挟む。
なぜ、平家討伐に出ないのかと。
上洛したいとは頼朝も思っているのだが、御家人たちが坂東を離れたがらないのだ。
義経は、小四郎に何とかしろと言うのだが、頼朝に制される。
やり取りを聞いていた義円が、義経を庇うのだが、義経はそれも面白くないのだった。

治承五年、二月四日、平清盛(松平健)が死去。
頼朝が、清盛の首を取ることは叶わなかった。
だが、残った平家のとどめは自信が必ず刺すと言い、平家滅亡へと奮い立つのだった。
清盛が死んだことにより、後白河法皇(西田敏行)のもとへ政権が返上される。
だが、清盛の遺言によって、平家は戦を止めるつもりはなかった。

御所に、行家(杉本哲太)が訪れ、平家を討つために兵を貸してほしいと言われるが、小四郎は断る。
行家は、頼朝の弟たちにも声をかけるのだが、そこでも断られるのだった。

義円は、行家の頼みを断ったことを気にかけていた。
そんな義円を義経は、行家について行き手柄を立ててこいと焚きつける。
義経は、頼朝は義円に期待してないと、嘘をつく。
それを聞いた義円は、義経に感謝し、言われたとおりにするのだった。
そして義経は、預かった頼朝への文も破り捨てた。

義経は、義円の不在を頼朝に問われ、行家について行ったのではと答える。
頼朝から、何か言伝はなかったかと問われても、知らない振りをした。
そんな義経の前に、破り捨てた文が出される。
驚く義経だが、自身ではないと更に嘘をつく。
だが、全て梶原に見られていたのだった。
頼朝に、謹慎を言い渡される義経。
頼朝は、義経を、息子のように思っており、後を継がせても良いとさえ考えている旨を義経に伝え、諭すのだった。
そして、行家の兵は破れ、義円は戻って来ることはなかった。

その冬、政子(小池栄子)は二人目の子を身ごもり、皆で男子を願う。
そのひとつとして、罪人の恩赦が実施されることになった。
小四郎は、伊東祐親(浅野和之)と祐清(竹財輝之助)のもとへ向かいその旨を伝えた。
八重のもとへも訪れ、親子三人で暮らせるよう準備すると告げるのだった。
その頃、館に盗みに入った者が囚われていた。
畠山重忠(中川大志)は見覚えがあり、その者は伊東の家人・善児(梶原善)だった。
宗時を討ったことも疑われている善児。
祐親に恩赦が出た今、善児を逃がしていいのか迷った畠山は、梶原に相談した。

一方、頼朝のもとにも全成(新納慎也)から話がある。
男子が産まれるためには、亡くなった千鶴丸が成仏しなければならないとのことだった。
そして、千鶴丸を殺めた祐親が生きている限り、成仏はできないと告げるのだった。

祐親の身支度を手伝う八重。
祐親は、八重がまだ御所使えをしていることを聞き、思うように生きよと言う。
そして、後ろ姿が母親に似てきたと告げた。

祐親と祐清の前に善児が現れ、頼朝と梶原の命令により二人は殺された。

梶原から二人は自害したと聞く小四郎は、そんなはずがないと言うが、義村は忘れようと言い、小四郎を諭す。
小四郎は頼朝に、人を許す心が得となり、望みの子をさずかるのではないのかと詰め寄るが、産まれてみれば分かることだと言い返される。

全成の占いでは、産まれてくる子は寿命が短いという結果が出る。
千鶴丸を殺した者がいる限りは…。
梶原は善児に、自身に仕えよと声をかける。
善児は了承するのだった。

>>12話のネタバレ

<<10話のネタバレ

鎌倉殿の13人11話のみんなの感想

※更新中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる