MENU

鎌倉殿の13人5話のネタバレ-みんなの感想【宗時命を絶つ】

鎌倉殿の13人5話のネタバレ

この記事では鎌倉殿の13人の5話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

いよいよ戦が始まった。
北条時政(坂東彌十郎)は堤の館に入って行く。
「父上から離れるな!」と宗時(片岡愛之助)に声をかけられた北条義時こと小四郎(小栗旬)は、後に続く。。。

目次

鎌倉殿の13人5話のあらすじとネタバレ【兄との約束】

NHK

部屋の奥に潜んでいた堤信遠(吉見一豊)を見つけると、時政は切りつけ小四郎にとどめを刺すよう促した。
緊張して何度も切りつけてしまう小四郎、そこへ宗時が現れとどめを刺し、目代·山木のもとへ向かうと告げ立ち去った。
手の震えが止まらない小四郎を落ち着かせ、時政は始まったばかりだと言い、堤信遠の首を斬り落とした。

\31日間無料視聴/

5話のネタバレあらすじ


頼朝は立ち上がった。未曾有の大戦、源平合戦が始まる。
目指すは源氏ゆかりの地、鎌倉。
義時、たどり着けるか。

**

源頼朝(大泉洋)のもとに、堤信遠と山木兼隆の首が持ち帰られ、小四郎たちは勝利した。
勝利の知らせは、伊東祐親(浅野和之)のもとにも届き、頼朝を殺しておくべきだったと、息子・祐清(竹財輝之助)に言うのだった。

**

初戦に勝った頼朝は次の一手として、敵の所領を取り上げた後、土地を分配することを提案してきた。

**

そのことに、平家方は激怒した。
大庭景親(國村隼)は頼朝を討つことを決意した。
頼朝の次の動きを問われた梶原景時(中村獅童)は、すでに相模や武蔵の豪族に声をかけていると判断し、合流するために東へ向かうだろうと答える。
迎え撃つ場所が決まり、戦の準備が始まった。

**

大庭の動きはすぐに頼朝に届くが、兵の数が圧倒的に違った。
まずは鎌倉に入り、頼朝が源氏の棟梁であることを、世に知らしめなければならない。
だが、この機に乗じて甲斐源氏の棟梁・武田信義(八嶋智人)も兵を挙げていた。
一刻も早く鎌倉に入らなければならず、明朝向かうことが決まった。

**

小四郎は、宗時に呼び止められ、政子(小池栄子)たちを伊豆山権現に送り届けることを命じられる。
戦から外されたと思う小四郎に、これから先は頼朝から片時も離れるなと、言ってきた。
心配する小四郎に、宗時は、案ずるなと返してくるのだった。

**

祐親は、宗時を討つよう家人・善児(梶原善)に命令する。宗時を討てば、北条は崩れると考えたのだ。

**

翌日八月二十日、頼朝は三百人の兵を連れ、北条の館を出立した。
一方、八重(新垣結衣)は、祐親の指図で伊東の館に戻ることになり、戦が始まることを知る。
作戦を聞き、八重は駆け出す。
頼朝に伝えなければと、夫・江間次郎(芹澤興人)に船を出すよう言うが、断られる。
八重が、頼朝のことを想っていても、江間は八重の夫で、長い間我慢していたのだ。
自身のことをいくらでも憎めと言い、八重は北条の館にたどり着くが、すでに遅かった。

**

雨のせいで思うように進めない頼朝勢は、石橋山の山中に陣を構えるが、同じく大庭勢も石橋山の麓に陣を敷いた。

**

景親に梶原は作戦を伝えるが、三浦の兵がまだ到着していない。
梶原は、三浦は北条と近い関係なので油断するなと言うが、三浦の到着を待つことになった。

**

三浦義澄(佐藤B作)は、頼朝も北条も待っていると嘆く。
息子·義村(山本耕史)は一度戻ることを提案するが、義澄は次の日の朝まで待つと言う。
和田義盛(横田栄司)は待ちきれず、大庭の縁者の館に火をかけようと言うのを義村は止める。
三浦を味方だと思っている大庭に、立場を知られたくないのだ。
それを聞いていた義澄は、不意打ちなど三浦のすることではないと、和田を館に向かわせるのだった。

**

三浦の動きは、大庭に伝わった。
景親は、雨で三浦は動けないと考え、梶原も今こそ出陣すべきと提案する。
悪天候の夜が迫ったこの時こそ、頼朝を討つ絶好の機会だった。

**

頼朝は、大庭の軍勢と睨みあっていた。
伊豆山権現に、政子たちを送り届けた小四郎が合流し、頼朝を探す。
背後に、伊東の兵が潜んでいたのだ。
時政は、景親の挑発に乗ってしまい、兵たちと駆け出して行く。
宗時は、頼朝を連れてその場を離れるが、伊東勢に見付かり、頼朝の軍勢は逃げ場を失った。

**

景親は、勝利を確信したが、祐親は違った。
頼朝を確実に仕留めなければ勝ったとは思えず、それは梶原も同じだった。

**

仁田忠常(高岸宏行)より、政子たちのもとにも知らせは届き、頼朝を探しに行こうとする政子を、りく(宮沢りえ)は引き止める。
政子たちが出来ることは、待つことだけだった。

**

頼朝と小四郎たちは、何とか追っ手から逃れ、山中に潜んでいた。
このような状況でも楽観的な時政に、頼朝は怒り、宗時に何とかしろと言ってきた。
宗時は、小四郎たちに武田を頼れと言ってくるが、頼朝は反対する。
だか、それ以外の道はなく、苦い顔で了承した。

**

頼朝は、小さな観音像を取り出し、岩場に置く。
このようなことになるのなら、御本尊を持ってくれば良かったと言い、誰か取って来てくれと言うのだった。
宗時は立ち上がり、取って来ようとする。
頼朝は戯言だと言い、小四郎も引き止めようとするが、向かってしまうのであった。

**

時政は、武田に向かう途中、小四郎につい弱音を吐いてしまう。
宗時や、力を貸してくれた者たちが危機にさらされると小四郎に言われ、すぐに思い直し、忘れてくれと言ってきた。

**

あと少しで、北条の館。
宗時は共に来ていた、工藤茂光(米本学仁)と話していたが、振り返ると工藤は倒れていた。
慌てて駆け寄る宗時の背後に、立っていたのは善児であり、善児は祐親からの命令を達成させた。

**

宗時は、小四郎にだけ語っていたことがある。
本音は、平家とか源氏とかはどうでも良く、坂東を自分たちだけの物にし、坂東武者の世を作り、その頂上に北条が立つこと。
そのために源氏の力がいるのだと、小四郎に語っていた。
北条をここまで引っ張ってきていた宗時だったが、ここで命を絶った。

<<4話のネタバレ


>>6話のネタバレ

鎌倉殿の13人5話のみんなの感想

今までの大河ドラマが、歴史上のスター的な人物を中心に描かれて来たのに対して、今回は、三谷さんが脇役的な坂東武者団の姿を描いて下さっていますので、今まであまり詳しく知らなかった関東一円の武者の姿が浮き彫りになって、違う視点で見る歴史に興味が湧いてきます。歴史家でさえも真相が解らない部分があると言われるのですから、三谷流、鎌倉幕府と御家人の関わりがどう描かれていくのか楽しみです。
朝ドラと違って、次の日曜日まで興味のあることを調べたりする時間のあるのが嬉しいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる