MENU

鎌倉殿の13人4話のネタバレ-みんなの感想【矢のゆくえ】

鎌倉殿の13人4話

この記事では鎌倉殿の13人の4話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。

まだ視聴していない人は注意願います。

**

挙兵は三島明神の祭りの最中、十七日と決まった。

北条時政(坂東彌十郎)と宗時(片岡愛之助)が先陣を切り、目代・山木兼隆(木原勝利)を襲い、これをもって平家討伐・関東挙兵の狼煙とすることになった。


北条義時こと小四郎(小栗旬)は、平家に味方するとこうなると知らしめるため、目代後見人・堤信遠(吉見一豊)を討つことを提案する。


先日の無礼な振る舞いを、小四郎と時政は忘れていなかったのだ。

各方面から兵を挙げ一団となった後は、相模に根城を作り、坂東中から兵を集めるという作戦。
場所は、源頼朝(大泉洋)の父・義朝が本拠地にしていた「鎌倉」だった。

続きはネタバレへ、、、

\31日間無料視聴/

U-NEXTで視聴

目次

鎌倉殿の13人4話のあらすじとネタバレ

4話のネタバレあらすじ

宿敵平家を倒し、後白河法皇を救い出せ。


それは、踏み出せば二度と戻れない、長く苦しい旅の始まり。

挙兵の前日十六日、小四郎は浮かない表情であった。


実は、思いのほか兵が集まっていなかったのだ。


頼朝が、話が違うと言うのに対し、謝る小四郎。


初戦が大事だというのに、あまりにも少ない兵の数に頼朝は声を荒げ、小四郎は、明日までに何とかすると答えるのだった。

**

兵を集めるために尽力している小四郎は、八重(新垣結衣)に呼び止められる。


八重は、頼朝のことが気になってしょうがないのだった。


北条の館が騒がしいのを八重は感じており、戦が始まるのかと尋ねてくるが、小四郎ははぐらかす。


頼朝の元妻なのだから、頼朝の不利になるようなことはしないと言い、再度聞いてくる。


小四郎は、仮の話として話し出す。


戦となれば、北条と江間が争うことになるかもしれないので、逃げる支度はしておいた方が良いと告げるのだった。

**

頼朝は、北条の者たちは事を容易く考えすぎると案じており、政子(小池栄子)もそれに同意する。


負け戦は出来ぬという頼朝に、気晴らしに娘の大姫と庭で遊ばないかと、政子は提案する。


だが頼朝の気は晴れず、しばらく距離を取ることを告げ、政子に謝って立ち去った。

一方、小四郎は、土肥実平(阿南健治)に戦に加わって欲しいと頼み込んでいた。


土肥は、頼朝を信じていいのか悩んでいたのだった。

それを聞き小四郎は、頼朝に頭を下げてくれと頼みに行くが、すぐさま払いのけられる。


源氏の棟梁である自身が、坂東の田舎者に、そこまで出来るかと言い放つのだった。


そう言われ小四郎は、頼朝の考え方を一日も早く改めるよう告げ、坂東あっての頼朝だということを忘れるなと告げるのであった。

頼朝は小四郎の意見を汲み、土肥に会うことになる。


驚いた土肥に頼朝は、来てくれたことに感謝し、一番頼りにしているのは土肥だと告げた。

頼朝の振る舞いに感嘆する小四郎に、頼朝は言う。


「嘘も誠心誠意付けば、誠になるのだ。」と。

一仕事終え安堵している頼朝に、小四郎は、もう一人・岡崎義実(たかお鷹)が来ていることを告げ、頼朝は先程と同じように、岡崎も取り入れていくのだった。

その頃、頼朝の従者・安達盛長(野添義弘)は山内首藤経俊(山口馬木也)のもとを訪ねており、戦に加わるよう頼むが、あっけなく断られる。


頼朝に報告した盛長は、残念に思い悔しがった。

**

そこへ佐々木秀義(康すおん)が訪れる。


この時、佐々木は六十八歳。


話の内容もよく分からず、耳も遠い様子。


北条家に集まった兵を見た頼朝は、まるで年寄りの寄り合いだと呟き、これは負けるぞと、小四郎に言うのだった。

**

八重は、父・伊東祐親(浅野和之)と兄・祐清(竹財輝之助)に、頼朝が挙兵する気だと告げ、これを聞いて祐親は八重を褒めた。


そして八重は、頼朝が死罪にならないよう、祐親に頼むのだった。

**

挙兵の日、八月十七日。


大庭景親(國村隼)のもとに、祐親と山内首藤が頼朝の挙兵を伝えに来る。


景親は、頼朝が兵を集めるのに苦労していると読み、出来るはずないと考えた。

**

祭りの最中、堤と山木、どちらの館も人が出払い手薄になると聞き、頼朝は、山木兼隆本人が館にいるのかを危惧する。


確実に勝ちたい頼朝は、今の戦力では不安だったのだ。


だが、機会は今夜しかない。


集まらない兵に頼朝は、挙兵は取りやめると席を離れた。

**

小四郎は、八重のもとに訪れ、挙兵が今夜だと告げ、山木の所在を聞き出そうとする。


八重を信じ切っている小四郎に、八重は、挙兵のことを祐親に伝えたと言い、頼朝の命は取らないと約束したことを告げた。


小四郎は、祐親がそんなに甘い考えではないと言い、八重は考え込む。


八重は、ただ頼朝を助けたいのだった。


帰ろうとする小四郎に、頼朝の口車に乗せられた北条はおろかだ、と八重は言う。


小四郎は我慢できず、坂東は平家に取り入っている者だけが良い思いをし、飢饉が来れば多くの民が死んでしまうと。


だから、我らは立つのだと八重に告げるのだった。

**

北条の館に戻った小四郎は、八重に挙兵の話をしていたことを、宗時から𠮟られ、後には引けなくなった。

**

小四郎の言葉を聞き考え込む八重に、夫・江間次郎(芹澤興人)は祭りに行かないかと誘う。


八重は、山木は祭りに出てくるのかと尋ねると、出てこないだろうと江間は答え、山木が今夜、館にいることが分かった。


八重はそれを知り、川向から北条の館に向け、一本の矢を射るのだった。

**

矢は頼朝の手に渡り、頼朝は、八重の考えにすぐさま気付く。


矢に結びつけられた白い布は、もとは今夜会いたいという意味があったのだ。


今夜が出陣のときだと気付いた小四郎は、山木が館にいると確信した。


**


いよいよ出陣のとき、目立たぬ道を選んで進もうとする時政に、頼朝は反対する。


大事をなすのだから、大通りを堂々と進めと。


頼朝は、集まった兵全員の顔を見つめ、山木の首を取って来いと奮い立たせるのであった。


**

治承四年八月十七日深夜、頼朝の兵は出発した。


堤の館に着いた小四郎は、今から起こることを怖く感じていた。


だが、宗時も時政も同じ気持ちだと知り、安堵する。


一本の矢が館に射られ、この瞬間、四年七か月に及ぶ源平合戦が始まった。

<<3話のネタバレ


>>5話のネタバレ

鎌倉殿の13人4話のみんなの感想

源頼朝挙兵を父の伊東祐親に伝える一方で、山木兼隆の在宅を頼朝にも伝えている。さて双方からの報酬は?それはともかく、今後の八重の動向も注目だ。

次回も楽しみなんですが一個めちゃくちゃ気になることがあります。
八重さん対岸まで矢を送れるとか剛腕すぎるわ。
普通に戦闘力だろ。
いやあの場面は流石に無理があるというか、もっと確実な方法取れよと思いました。
八重さんは見下してる旦那に動かされてるような気もしますね。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる