MENU

鎌倉殿の13人2話のあらすじとネタバレ-視聴率やみんなの感想

鎌倉殿の13人2話

この記事では鎌倉殿の13人の2話のあらすじ、ネタバレ、視聴率と視聴者の感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

目次

鎌倉殿の13人2話のあらすじとネタバレ

鎌倉殿の13人の2話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

2話のあらすじ

罪人・源頼朝(大泉洋)を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之)。しかし、北条義時(小栗旬)の父・時政(坂東彌十郎)が頼朝をかばって対立。両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛(松平健)を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼)が現れる。一方、目まぐるしい展開に振り回される義時は、姉・政子(小池栄子)らの助けを受けて頼朝と富士の山すそにいた。だがそれもつかの間、弓矢が放たれ緊張が走る……

NHK

2話のネタバレ

平家を恐れる伊東と、それに抗う北条。


坂東の片隅で起きた、一族同士のささいな諍いがやがて・・・。


義時の運命が動き出す。

北条家と伊東家の諍いは、平清盛(松平健)の耳にも伝わった。


清盛は、自身が源頼朝(大泉洋)を殺さず、東国に流したことも忘れており、この諍いにも興味を示さなかった。

北条の館を抜け出した、北条義時こと小四郎(小栗旬)と頼朝は、何とか追っ手から逃れていた。

北条家には争いを止めに、大庭景親(國村隼)がやってくる。


景親は、北条時政(坂東彌十郎)と伊東祐親(浅野和之)両人に、頼朝を渡す気はないかと訊ねるがどちらも譲らない。


頼朝を仕留める気がある祐親に、清盛の許しもなく命を奪っていいはずがないと諭す景親。


景親は、頼朝の身は北条に預け、今後一切、娘・八重(新垣結衣)とは縁を切るという起請文を、頼朝に書かせることを提案してき、この場は治められた。

頼朝は正式に北条家に身を寄せることになり、姉・政子(小池栄子)は浮足立つ。


頼朝に政子を近づけたくない小四郎は、時政に忠告するが、京で出会い、嫁に来ることになったりく(宮沢りえ)を迎える準備に夢中で、相手にしないのであった。

その頃、伊東家では祐親が八重に、頼朝のことを伝えていた。


話を聞き終え、八重は千鶴丸に会わせて欲しいと懇願する。一度は祐親に払いのけられるが、出家させられたと聞き居場所を知ることが出来た。

祐親により、八重は伊東家の家人・江間次郎(芹澤興人)に嫁ぐことが決まっていた。


身分が違いすぎると、小四郎は八重を気遣うのだが、それほど祐親の怒りは強いのだろうと、兄・宗時(片岡愛之助)に諭される。


その八重が、嫁ぐ前にもう一度、佐殿こと頼朝に会いたいという頼みを、宗時は了承していた。

自分の気持ちとは裏腹に、どんどん巻き込まれて行く小四郎は、八重との密会の詳細を頼朝に伝えに行く。
だが、肝心の頼朝は乗り気ではなくあっさり断る。


八重のことを想う小四郎は必死に説得するのだが、頼朝の気持ちは変わらず、また、兵を上げるつもりはないと宗時に伝えろと言ってくるのだった。

一方、政子は小四郎の心配をよそに頼朝との仲を深めていく。


頼朝の、八重に対しての態度が気に入らない小四郎は、政子を説き伏せようとするが、政子は小四郎のやきもちだと決めつけて取り合わない。

宗時は、頼朝と八重の密会の場所に、比企能員(佐藤二朗)を頼っていた。


能員の母・比企尼(草笛光子)は頼朝の後見人である乳母であり、頼朝が流罪になったとき同じく関東に下っていた。


平家ゆかりの者に知られては困ると、能員とその妻・道(堀内敬子)は反対するが、比企尼は場所を貸すことを承諾する。

その頃小四郎は、比企家へ向かう途中、堤信遠(吉見一豊)と偶然会い、手ひどい仕打ちを受けていた。

政子は、頼朝に誘われて三島明神を訪ねる。


頼朝から今までのいきさつを聞き、八重とのことも直接聞くことになった。


政子は小四郎から、頼朝が自身のことを本当に慕っているのなら、八重のことを話してくるはずだと言われていた。


頼朝は政子に、八重と同じような目に会わせたくないと言うが、政子は頼朝の手を取り、支えたい旨を伝えた。

一方比企家では、宗時と八重の兄・伊東祐清(竹財輝之助)が頼朝を待っていた。


小四郎が到着し、頼朝が来ないことを告げると、宗時から比企尼への謝罪を押し付けられ、比企尼に会うことになる。


比企尼は頼朝が来ないことは気にせず、いつでもお待ちしている旨を伝えるよう小四郎に言ってきた。


謝罪を終えた小四郎は安堵するが、八重の事が終わっていなかった。


八重のもとへ行き、頼朝が来ないことと、頼朝からの言葉を伝えるが、その言葉は噓だった。


見え透いた噓をつく小四郎に、八重は激怒する。


自身は命がけでここまで来たのだから、小四郎にも命がけで噓をつけと。


何も言い返せない小四郎に、八重は詰め寄り、頼朝が来ない理由を聞こうとするのだった。

散々な目にあった小四郎は、改めて宗時に、頼朝がはっきりと兵を上げると言ったのかと問い詰めるが、そうではなかった。


祐清は話が違うと混乱するが、宗時は打倒平家の思いが強すぎるのか、頼朝から試されているのだと思い込む。

北条家に戻り、いよいよ時政の嫁・りくがやってきたが、家には宗時と小四郎しかおらず、時政は腹を立てる。


政子の不在を聞くと、頼朝と湯河原に行ったと聞き、小四郎は場所を聞き出すとすぐさま向かった。

湯河原には政子の姿が見当たらない。


頼朝から、政子はここには来ず八重のもとへ向かったと聞き、ため息をつく。


政子は八重の、頼朝への想いを断ち切りに行ったのであった。

頼朝の行動を理解できない小四郎は、北条から出ていけと頼朝に言うが、頼朝は本心を話し出す。

頼朝は、北条を後ろ盾に悲願を成就させることを決めていた。そのために、政子に近づいたのだと。

「お前だけには話しておく、いずれわしは挙兵する。京に攻め上りにっくき清盛の首を取り、この世を正す。」


「法皇様をお支えし、この世をあるべき姿に戻す。」


「そのためには政子が、北条が欠かせぬのだ!」

頼朝の本心に、小四郎は立ち尽くしてしまう。

「お前はわしの頼りになる弟じゃ。」

真っ直ぐに向かってくる頼朝に、小四郎は返事をせずにはいられなかった。

>>NHKオンデマンドで無料視聴する

<<1話のネタバレ

>>3話のネタバレ

>>他の回のネタバレはこちら

鎌倉殿の13人2話の視聴率

鎌倉殿の13人の2話の視聴率は14.7%でした!

鎌倉殿の13人2話の視聴者の感想

昨年の大河では「非常に女遊びが盛んだった澁澤栄一を立派な人のように描くのが許せない」という批判が多かったです。
今年は「頼朝が情けなさすぎて格好悪すぎる」という声が多いのではと感じます。
頼朝に複数の女性がいたことを批判している声はそんなに聞こえません。

私個人は、実在の頼朝が他人に向かって「イタチみたいな顔しやがって」などと言ったという話を読むにつけ、やはり頼朝は弟の義経と似ていた一種の奇変人だったのではないかと考えるようになり、頼朝自体には期待しないようになりました。

なので主人公義時の変化を心待ちにしています。
今までのところ主人公は八重さんのことにばかりかまけていて物足りませんでした。
義時が変わればドラマが変わるのではと思っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる