MENU

鎌倉殿の13人のネタバレあらすじを全話紹介!詳しく解説します

鎌倉殿の13人

当記事ではNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじやネタバレについて詳しく解説しています。

1~最終話まで更新予定ですので、全話視聴できない人は是非参考にされてください。

目次

鎌倉殿の13人のネタバレあらすじ

鎌倉殿の13人|1話のネタバレあらすじ

1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた日本。

伊豆の地では、北条義時(小栗旬)が兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らとのんびり暮らしていた。

しかし、流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣)と恋仲になり、男児が生まれたことで状況は一変。

清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒する。

頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令がくだり……

視聴率:17.3%

鎌倉殿の13人|2話のネタバレあらすじ

視聴率:14.7%

鎌倉殿の13人|3話のネタバレあらすじ

視聴率:16.2%

鎌倉殿の13人|4話のネタバレあらすじ

視聴率:15.4%

鎌倉殿の13人|5話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>5話のネタバレ

視聴率:13.4%

鎌倉殿の13人|6話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>6話のネタバレ

視聴率:13.7%

鎌倉殿の13人|7話のネタバレあらすじ

平家に幽閉された我が身を嘆く後白河法皇(西田敏行)。丹後局(鈴木京香)へ救出に名乗りを上げない源氏への不満をもらす中、平清盛(松平健)から挙兵した源頼朝(大泉洋)が石橋山で大敗したと知らされ悔しさで顔がゆがむ。その頃、房総半島で再起を図る頼朝は有力豪族を味方に付けようと、千葉常胤(岡本信人)のもとへ安達盛長(野添義弘)を、上総広常(佐藤浩市)のもとへ和田義盛(横田栄司)と北条義時(小栗旬)を送り込む……

続きはこちら>>7話のネタバレ

視聴率:14.4%

鎌倉殿の13人|8話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>8話のネタバレ

視聴率:13.7%

鎌倉殿の13人|9話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>9話のネタバレ

視聴率:14.0%

鎌倉殿の13人|10話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>10話のネタバレ

視聴率:13.6%

鎌倉殿の13人|11話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>11話のネタバレ

視聴率:13.5%

鎌倉殿の13人|12話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>12話のネタバレ

視聴率:13.1%

鎌倉殿の13人|13話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>13話のネタバレ

視聴率:12.9%

鎌倉殿の13人|14話のネタバレあらすじ

続きはこちら>>14話のネタバレ

視聴率:12.1%

鎌倉殿の13人|15話のネタバレあらすじ

視聴率:12.9%

鎌倉殿の13人|16話のネタバレあらすじ

視聴率:12.9%

鎌倉殿の13人|17話のネタバレあらすじ

視聴率:12.5%

鎌倉殿の13人|18話のネタバレあらすじ

鎌倉殿の13人|19話のネタバレあらすじ

視聴率:13.2%

鎌倉殿の13人|20話のネタバレあらすじ

視聴率:12.8%

鎌倉殿の13人|21話のネタバレあらすじ

鎌倉殿の13人|22話ネタバレあらすじ

源頼朝(大泉洋)の上洛が決まり、命に従い随行する義時(小栗旬)。大軍を率いて念願であった京へと上った頼朝は、後白河法皇(西田敏行)、九条兼実(田中直樹)と会談。今後の世のあり方を思い描く。そんな中、自分たちには利益のない上洛に、三浦義澄(佐藤B作)、岡崎義実(たかお鷹)、千葉常胤(岡本信人)らが不満を募らせていた。一方、比企能員(佐藤二朗)は比企家の地位を盤石にするため、一族の比奈(堀田真由)を……

鎌倉殿の13人|23話ネタバレあらすじ

嫡男・万寿(金子大地)の披露目の場とするため、御家人を集めて富士の裾野で巻狩りを行うことを決めた源頼朝(大泉洋)。工藤祐経(坪倉由幸)が賞賛する中、頼朝を憎む曽我十郎(田邊和也)・五郎(田中俊介)兄弟らが謀反を計画。梶原景時(中村獅童)から企みを知らされた義時(小栗旬)は、急ぎ五郎の烏帽子親である父・北条時政(坂東彌十郎)のもとへと向かう。不穏な気配が漂う巻狩りには、義時の愛息・金剛(坂口健太郎)も……

大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ストーリー

鎌倉幕府の初代征夷大将軍の源頼朝を支えた北条義時を主人公に描かれた大河ドラマで、脚本を三谷幸喜氏が担当しています。

基本の作風が喜劇で魅力的な人物描写をする彼ならでは演出もされており見どころです。

ちなみにタイトルの13人とは頼朝亡き後の幕府を動かすために作られた御家人たちによる合議制の集団のことです。

ドラマでは頼朝との出会いから描かれており、平氏全盛期から源平の戦いなど分かりやすく時間軸が推移していくので幅広い年代で楽しめる作品です。

源氏一門も頼朝を始め、義経、木曽義仲、源行家などが登場し、源氏内での駆け引きも描かれています。

義時の盟友、三浦義村や畠山重忠など義時と同世代の若者たちも多く登場し義時が個性も立場も違う人々をどうまとめていくのかも注目です。

あと女性陣も個性豊かで華を添えるだけの存在にとどまらないあたりも魅力的なドラマです。

鎌倉殿の13人のキャスト

北条家
北条義時小栗旬
政子小池栄子
北条宗時片岡愛之助
実衣宮澤エマ
北条時政坂東彌十郎
りく宮沢りえ
くま田中なずな
大姫難波ありさ、落合実結子
牧宗親山崎一
鎌倉
源頼朝大泉洋
江口のりこ
安達盛長野添義弘
源義経菅田将暉
阿野全成新納慎也
源範頼迫田孝也
義円成可
弁慶桂久創
大江広元栗原英雄
中原親能川島潤哉
藤原行政野仲イサオ

※メンテ中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる