MENU

未来への10カウント1話のあらすじとネタバレ-視聴率やみんなの感想

未来への10カウント

この記事では未来への10カウントの1話のあらすじ、ネタバレ、視聴率と視聴者の感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

目次

未来への10カウント1話のあらすじとネタバレ

未来への10カウントの1話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

1話のあらすじ

 高校時代にボクシングで4冠を達成するという輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、今では完全に生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村拓哉)。彼はピザの配達アルバイトで食いつなぐ一方、「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていた――。

 そんな彼をなんとか元気づけようとしていたのが、高校時代に桐沢と共にボクシング部で汗を流した親友・甲斐誠一郎(安田顕)だった。だが、あの頃とはまるで人が変わり、頑として明るい未来を想像しようともしない桐沢…。彼の今後を本気で心配した甲斐は、母校・松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三(柄本明)に相談し、桐沢を芦屋の後任に抜擢しようとする。もちろん、桐沢本人は至って後ろ向き。だが、恩師である芦屋から土下座までされた桐沢は、むげに断ることができず、監督ではなく“臨時コーチ”として母校に舞い戻るのだが…。

 松葉台高校は今や、昔と違って東大合格者も出す進学校。芦屋が監督を退いてからというもの、ボクシング部もみるみる弱体化していた。しかも、校長の大場麻琴(内田有紀)は部活承認に必要な部員数を満たしていないことを大義名分に、近々ボクシング部を潰そうと画策! そんな中、突然顧問に任命された折原葵(満島ひかり)も、ボクシングに対する思い入れや知識がまるでなく…。

 熱意がまったく感じられない新コーチと新顧問を目の前に、さまざまな思いに駆られるボクシング部の面々。その矢先、桐沢がかつて4冠を達成した人物だと知った部長・伊庭海斗(髙橋海人)は何を考えたか、いきなり公開スパーリングを申し込み…!?

TV asashi

1話のネタバレ

桐沢祥吾(木村拓哉)は、ボクシングで4冠達成の実力があるが、さまざまな事情で現在はピザの配達員としてアルバイト暮らしをしている。

いつ死んでもいい。

また何の希望がない1日が始まると絶望する毎日。

ある日親友である甲斐誠一郎(安田顕)に、芦屋賢三監督(柄本明)が46年務めた松葉台高校のボクシング部の監督を胃がんのために辞めたことを聞かされる。

そんな芦屋に2人で顔を見せにくるように言われ、芦屋の元を訪れることに。

桐沢はボクシング推薦で入った大学はボクシングを辞めてからも通い続け、無事卒業したが、今はアルバイト生活をしていると伝える。

結婚についても聞かれた桐沢は1度結婚したが……と意味深な回答。

今後のことは何も考えていないという桐沢に、芦屋は後任が決まっていない松葉台高校のボクシング部の監督に後任をしてくれと頼む。

弱くなり存続の危機にある松葉台高校のボクシング部を立て直してほしいとのこと。

お金も出るという。甲斐はアルバイトをもう1つ増やす予定ならいい話じゃないかと背中を押すが、桐沢は返事を渋る。

現在の松葉台高校のボクシング部は自主練ばかり。

今の状況だと、5月に新1年生が入らなければ復活の承認に達していないため廃部となる。

ついに芦屋に頭を下げられ、断れずに臨時コーチとなった。

臨時コーチとなった桐沢が校長室に出向くと、そこには桐沢がボクシング部だったときのマネージャーだった大場真琴校長(内田有紀)の姿が。

実は大場校長は芦屋監督の娘だったのだ。

大場も桐沢との再会に驚く。大場は桐沢に今の松葉台高校の変貌ぶりを説明した。

今の松葉台高校は昔と違い、超進学校でボクシング部はふさわしくないという。

部長の伊庭海斗(髙橋海斗)も東大も狙える優等生なのだ。

5月いっぱいで廃部だから結果を出そうなんて考えなくてもいいという。

臨時コーチのつもりで桐沢がボクシング部の練習場に行くと、現役だったあの頃が蘇った。そこにやってきた部員たち。

3年生は部長の伊庭だけで、あとの4人は2年生の計5人だ。

早速部員たちは自己紹介をするが、桐沢のそっけない挨拶に戸惑う。

とりあえず今まで通り練習して、それから練習法を考えるという桐沢に対し、桐沢の頃とは違うから野蛮なことも怪我することもだめだという新しくボクシング部の顧問になった折原先生(満島ひかり)。

部員たちは桐沢のやる気のなさを見抜き、きちんと指導してくれるのか不安に思う。

しかし、ある日桐沢が国体やインターハイなどで4冠を達成していた記事を見つけ、桐沢は自分たちのことを馬鹿にしているのではないかと不信感を抱く。

それでもそんな桐沢を利用するしかないと意気込んだ。

一方桐沢はボクシングジムを経営する甲斐のジムで久々にグローブをつけるも、決して本気を出さない。

史織(波留)が頭に過った桐沢はグローブを外して帰宅する。

アルバイト中にヤンキーに絡まれた際も殺してくれと懇願するほどの憔悴ぶり。

実は、監督の件もいつ死んでもいいという桐沢をボクシングに引き戻して救おうと甲斐が芦屋に依頼したのだった。

そんなある日、ボクシング部は1年生勧誘のためのあるイベントを企画し、練習場には1年生が大勢集まっていた。

桐沢と本気で打ち合う公開スパーリングを1年生に見せるためだ。

ついに桐沢と伊庭の公開スパークリングが始まるが、手を出さない桐沢に伊庭は挑発する。

自己紹介のときは強くなりたいという動機でボクシングを始めたのは水野あかり(山田あんな)だけだったが、伊庭のリングでの「強くなりたい」の一言を聞いてついに桐沢は軽く一撃する。

倒れこむ伊庭に折原たちは心配して駆け寄るが、伊庭はやっとボクシングできたと感動する。

その様子を見た1年生は全員帰っていった。

結局伊庭の肋骨にはヒビが入っていた。学校に報告すると言う折原に黙っていて欲しいと頼み込む伊庭と部員たち。

ここまでかと思った桐沢は校長室に呼ばれ覚悟するが、大場はコーチ料として非常勤講師と同じ2500円を支払うという。

拍子抜けして練習場に行くと、そこには3人の新入部員の姿が。

1年生が加入したことによりボクシング部は存続となり、桐沢は臨時コーチではなくコーチになった。

桐沢が必要だと懇願する部員たちに心打たれた折原は、伊庭の怪我のことを学校に報告しなかったのだ。

存続が決定したボクシング部だが、さまざまな壁が立ちはだかる……。

>>2話のネタバレ

未来への10カウント1話の視聴率

未来への10カウントの1話の視聴率は11.8%でした。

未来への10カウント1話の視聴者の感想

キムタクと安田さんのバーでの会話から始まるこのドラマ。
一緒に観ていた主人の一言、「あるよ」
さすがにHEROのあのセリフは無かったですね。
BGと職業変わっただけだけど、見易いし、面白かった!
キムタクのボソボソセリフは嫌だけど、満島さんの元気な発声がアクセントになっていて、やる気無いキムタクとちょっと本気出すキムタクで飽きずにあっという間の1時間でした。
時々ちょっと泣けました。
生徒役はお馴染みすぎて、もっと若い新人さんのが良かったけど毎週見ます

やっぱりヒットメーカー福田靖さん。
面白かった。わかりやすくて、程よく感動できて、程よく「かっこいい」と思えるシーンがあって。確かに、どこかで観たことある設定とストーリー。先は読めます。
でも、ドラマですから、娯楽ですから、TVショーですから。別に芸術的な映画とか見たいわけじゃないですから。娘は「かいとくんかっこいいい!キムタクもかっこいいんだね」と楽しんでいます。芝居好きな私は、ヤスケンの色気だだ漏れる芝居や、生瀬さんの教頭っぷり、市毛さんの自然なお芝居、柄本さんや八嶋さんのクセのある芝居を楽しめます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる