MENU

正直不動産10話【最終話】のネタバレ-みんなの感想【正直不動産の誕生】

正直不動産 最終話

数あるドラマの中でも、かなりの高評価となっている「正直不動産」。

今回で最終話となります。

この記事では正直不動産の10話【最終話】のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

目次

正直不動産10話【最終話】のあらすじとネタバレ

10話【最終話】のネタバレあらすじ

花澤が管理委託料を2%に下げたことをきっかけに、登坂不動産が管理している物件のオーナーが次々とミネルヴァ不動産に乗り換え始めた。ミネルヴァ不動産は登坂不動産を本気で潰しにかかってきていた。鵤社長はは登坂不動産に全面戦争を仕掛けると宣言。一方登坂社長はこの危機を回避するには登坂不動産の全員の力が必要だと言って従業員たちに頭を下げた。頭を下げた社長のためにもここで流れを変えると意気込む永瀬と月下。

永瀬と月下が町の長老である平尾宅を訪問すると、甥である平尾晴哉(星田英利)から平尾は亡くなってしまったと告げられる。晴哉は家の相続をすることになったが、大阪に家族と住んでいるため、家を売りたいと考えていたところ、不動産業者が立て続けに訪問してきたという。これは実は鵤が平尾の死をすぐ知れるよう、ケアハウスにお金を入れていたためだった。

ミネルヴァ不動産の西岡は、高額な手数料やミネルヴァ不動産側の都合以外では解約できないことをこっそり契約書に入れ、晴哉にサブリース契約を結ばせていた。これは、土地は売らずに家賃11万円×10部屋のアパートを建て、110万円の家賃収入を得るというものだった。

晴哉は建築費用のローンとミネルヴァ不動産に渡す手数料を差し引いても月58万円の不労所得が入ると、平尾邸の土地を見に来た永瀬と月下に嬉しそうに報告してきた。不労所得を見越し、新車まで購入していた。

嘘がつけない永瀬は、晴哉に「騙されている、そんなに儲かるのであれば不動産業者がアパートを建てるに決まってる、契約書を見直した方がいい」と忠告した。

そこに、子どもがやってきて平尾の土地で拾ったという縄文時代のものであろう土器の一部を差し出す。所有している土地で遺跡だと思われるものが見つかった場合は、文化財保護法によって教育委員会に届けを出す必要がある。

さらに発掘作業や費用はすべて所有者の負担になるのだ。既にサブリース契約を結んでしまった晴哉は破片の調査費用など諸々を支払うことになり、慌てふためき、永瀬にどうにかしてくれと懇願する。

榎本は永瀬のアパートで晩御飯を作って振る舞うように。榎本は結婚を前提にお付き合いして欲しいと永瀬にいう。永瀬は仕事のこともあるしよく考えてから返事をしたいと伝える。さらに月下との仲について問い詰められた永瀬は、月下に対する恋愛感情は一切ないと断言。永瀬をじっと見つめた榎本は永瀬が嘘を付いていないことを確信し、満足そう。

またもや嘘がつけず契約を逃した永瀬は神社に行き、祠の件を謝罪。嘘がつけるように戻してくれとお願いする。すると、神社に風が吹き永瀬を巻き込む。白い煙のようなものが永瀬から出て行った。その日、大河と受付嬢と会話をする中で、永瀬は再び嘘が付けるようになったと確信する。

嘘がつけるようになった永瀬はどんどん成績を上げていき、女性も口説けるようになった。
しかしそんな永瀬を月下は不安そうに見ていた。

鵤社長はマダムにマダムの資産を10倍にする代わりに、登坂の物件をすべて回してほしいと交渉していた。マダムは話だけでも聞くと回答した。

さらに永瀬は榎本に「結婚を前提にお付き合いして欲しい」と告白をする。しかし榎本には「馬鹿にしないで、永瀬の正直なところが好きだった」と永瀬を振る。

嘘をついて成績を上げる永瀬だが、永瀬はうしろめたさを感じてしまっていた。月下にも
「本当にそれでいいのか、今の永瀬は尊敬できない」と言われてしまう。

ある日、トップオブレジデンス新宿のオーナー・藤堂(でんでん)に契約を全て解除すると言われてしまう。40もの登坂不動産が担当していた管理業務をミネルヴァ不動産に任せたいというのだ。

嘘が付けるようになった永瀬は自信満々に藤堂の元を訪ねる。するとそこにミネルヴァ不動産の花澤が。藤堂は登坂不動産の管理委託料5%よりも条件がいいミネルヴァ不動産の管理委託料2%で契約したいという。

永瀬は1.5%で契約させ、契約後に広告費などといった名目で費用を上乗せすればいいとずるいことを考えたが、月下や榎本に言われたことを思い出し、嘘を辞める。「清掃やクレーム対応などのコスト面を考えてこれ以上は下げられない、住民が快適に暮らせることが大切なので現状のままでお願いしたい」と正直に言った。

さらにさっきまで嘘をつこうとしていたことも正直に告白した。

そこに藤堂と知り合いだという石田(山﨑努)が和菓子の試食を持ってやってくる。石田は永瀬のことを馬鹿正直な男だと言い、オーナーを説得させる。藤堂には今まで通り管理委託を登坂不動産にお願いすると言ってもらえた。

永瀬が石田に御礼を言うと、石田は永瀬に「御礼なら登坂社長に言え、いい顔になったな」と言った。実は登坂社長が石田に藤堂のことを話してくれたことがきっかけで、来てくれたようだった。登坂不動産に戻った永瀬は、登坂社長に営業スタイルをどうしていいか分からないと相談する。すると登坂社長は「永瀬はうちで働きたいと言ってきたときとなにも変わっていない」と言った。

外回りしていた月下は偶然、晴哉を見かける。その瞬間晴哉は車に飛び込み、自殺未遂を図った。複雑骨折で入院することになった晴哉の病院に月下と永瀬が駆けつけると、晴哉は死んだ方がマシだったとすっかり弱気になっていた。

娘がまだ小さく、奥さんとの年齢差も気にしているという晴哉は、財産を残したいという一心で、家の相続を決めたという。

サブリース契約が解除できないと頭を抱える永瀬は桐沢に助けを求める。しかし桐山はキックバックがないなら協力できないといって断った。

永瀬と月下はミネルヴァ不動産の鵤への直談判を決意する。あっさり契約解除すると言ってきた鵤だったが、違約金として660万円を要求するという。契約金が払えないなら、契約解除はできないというのだ。

もっと大切なものがあるのではないかという月下に、鵤は「不動産業界が向いていないから辞めろ」という。そんな鵤に永瀬は「誇りを持って仕事をしているのか」と問う。鵤は「不動産業界に希望を持つな。希望を持つから絶望する」といった。

するとそこに登坂社長が違約金1,000万円を持って現れる。登坂不動産が違約金を肩代わりするというのだ。登坂社長は違約金を渡す前に1点確認したいことがあるという。晴哉の土地から大量の土器が見つかったが、ミネルヴァ不動産に口止め料を貰ったというのは真実か?ということ。

花澤は口止め料の件が本当なら行政処分だけではなく詐欺罪、更には業務停止または免許取り消しになると言う。登坂社長は出るとこ出るか違約金なしで契約を解除するかの2択を選べと鵤に迫る。

根拠のないことを言うなという鵤に永瀬は「本当だ。登坂不動産は嘘がつけない不動産だ」という。結果、鵤社長は契約金なしで契約解除することを選択した。登坂社長は更地にかかる代金として札束を置いて去った。

実は土器の調査を行った会社を調べてくれたのは桐沢だったのだ。お礼をいう永瀬に桐沢は「登坂社長のためにやった」と言う。

さらに桐沢と比べネガティブになる永瀬に「同じところをぐるぐる回っているとしてもそれが螺旋階段なら上にいっていることになるのではないか」と言うが、最後に「正直すぎて嫌いだ」と言って去っていく。

マダムと登坂社長はバーで飲んでいた。平尾の土地はマダムに買ってもらえることに。

管理面はミネルヴァ不動産に任せ、どちらにも損をさせないようにすると言う。実はマダムは以前、鵤社長と登坂社長に同時にプロポーズされていた経験が。2人を平等に愛しているという。

花澤は鵤社長に向かって「社長の方針には付いていけないが、会社を辞める気もない。実績を積んで株の半分を持ち、対等に話せるようになる」と宣言。

永瀬は榎本と向き合っていた。怒らせたことを謝りつつも大人な付き合いをしようと思っていたが、再び永瀬に風が吹く。「結婚を前提にする気はない、とりあえず今夜一緒にいてくれませんか」と言ってしまった永瀬は榎本にビンタされてしまう。

なんとか元の登坂不動産を取り戻してきた。月下はついに営業成績トップに。永瀬は「俺の教育が良かった」と鼻高々。永瀬は嘘がつけなくなったことで、さまざまなことに気づけたようだ。永瀬が月下に「今日から正直不動産の永瀬財地と呼べ」と言うと、「正直なのは当たり前」と言われてしまった。永瀬にはこれからも風が吹き続けるだろう。

正直不動産10話【最終話】のみんなの感想

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる