MENU

正直不動産8話のネタバレ-みんなの感想【登坂社長や辞めた理由】

正直不動産 8話

この記事では山P主演の正直不動産の8話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。

目次

正直不動産8話のあらすじとネタバレ

8話のネタバレあらすじ

ある日、永瀬と月下は不動産取引流通協会の懇親会に参加していた。ミネルヴァ不動産の花澤と西岡も来ている。次の仕事に繋がるように名刺を配りまくれと月下に指示を出す永瀬。懇親会の途中、永瀬の元へ大手不動産営業をしている神崎浩輔(須田邦裕)とバイロイト不動産に勤める堀内幸正(倉田秀人)が挨拶に来る。神崎は堀内を紹介し、堀内は永瀬に相談したいことがあると話を持ち掛ける。相談の内容はこうだ。けやき野興行という企業が高井戸にある300坪の土地を売却したいとのこと。もし売却が成功したら、5億円になる大口案件だ。さらにこれを機に登坂不動産と取引がしたいという。

永瀬の指示通り名刺を配っていた月下は、偶然桐山に遭遇する。桐山は現在、個人でブローカーをやっているようだった。報酬次第では協力すると言って、名刺を渡して去っていった。

登坂不動産に戻った永瀬は早速、堀内の件について登坂社長と大河に相談。登坂社長が永瀬に、堀内のことは信頼できるかと聞くと、永瀬は信頼できると回答。登坂社長は信じられるのであれば永瀬に任せると言った。

永瀬は大口案件だと張り切り、月下に手土産を買ってくるように頼む。自称手土産の鬼だという大河は月下の手土産選びを手伝うことに。

高井戸の300坪の土地に来た永瀬と月下。永瀬はかなりの好条件だと思う。その後けやき野興行を訪れた永瀬たち。けやき野興行では専務である酒井富雄(近藤公園)と取締役である酒井次雄(増田修一朗)が出迎えてくれた。月下が大河と選んだ豆大福を渡すと、酒井富雄にはつぶ餡が好きだと言ってもらえた。土地を売る理由は、会社を畳む前に資産整理をしたいからだという。社長である父親も承諾済みで、借金も追っているためできるだけ早く売りたいとのこと。嘘がつけない永瀬は「売れるものは売ってから会社を畳み借金を債権者に押し付けるってことですよね」と言ってしまう。月下のフォローでなんとか怒らせずに終わらせたが、けやき野興行の案件は成約できたも同然。

大口案件が順調に進んでいて気持ちのいい永瀬は月下にいいものを奢ると言うが、月下は急に榎本から連絡が来て呼び出しを食らってしまう。榎本は月下に永瀬を男性として見ているのか聞く。否定する月下に榎本は、永瀬を狙うと宣言。永瀬を恋愛対象として見ていないという月下の音声を録音し、裏切らないで協力して欲しいと求めてきた。月下は榎本からの依頼で永瀬のパーソナルな情報を聞き出すことに。

一方永瀬はバーで1人飲んでいた。そこに話しかけてきた女性。マダムだ。マダムは登坂社長のことを話し始めた。登坂社長とマダムの出会いはマダムが働いていたクラブ。後輩の成約祝いで来てくれたという。それから頻繁にマダムの店に現れるようになった登坂社長。マダムが独立したときも登坂社長がお世話をしたそうだ。登坂社長と色々あったというマダムに、登坂社長が住元不動産を辞めてしまった理由について聞くが「自分で聞いたら?」と言われてしまう。

後日、高井戸の300坪の土地が坪150万の総額4億5千万であることをけやき野興行へ報告しに行くと、ミネルヴァ不動産が坪200万円の総額6億で提示してきたため、迷っているという。

永瀬はマダムに言われた通り、鵤社長となにがあったのか登坂社長に聞くが、濁されてしまう。

月下は手土産を買ってきた帰り、子どもと歩く花澤を見かける。悪徳不動産で働く花澤を心配した月下は、生き生きと仕事ができる登坂不動産に来ないかと誘う。しかし、花澤は「子どものこともあるし、そんな次元で仕事していない」と断る。

永瀬は再びけやき野興行へ足を運び、手付金を5,700万円に上げ、3週間以内に決済を行うことを説明。すると酒井たちは明らかに態度を変え、その条件をのむから買付証明書を発行するように永瀬に言った。永瀬は何かが引っかかっていたが、入院中の社長・酒井久寿男(品川徹)のお見舞いに行くことに。肝臓が悪いと聞いている酒井久寿男に、心臓はいかがですか?とカマをかけてみる永瀬だが、なかなかボロを出さない。この違和感はやはり気のせいだろうかと思っていた。

無事買い付け証明が受理され、堀内からも感謝の電話が入る。とんとん拍子で1億のもうけが出たが、永瀬と登坂社長は何か嫌な予感がしていた。永瀬は桐山を呼び出し、けやき野興行のことについて相談した。初めはとにかく売ればいいというスタンスだったのに、ミネルヴァ不動産が出てきた瞬間強気になり、交渉後にまた態度を変えるという手法……。永瀬が嘘ばかりついていた頃のやり方と全く同じだ。すると桐山は「俺にも相談があったが、スーツや装飾品が合っていないから手を引いた。」と言った。

いよいよ本格的に地面師だと疑うようになった永瀬。酒井たちのパスポートもコピーしたが、昔あった地面師の事件でも、偽造パスポートが使われていたようだ。手付金を振り込む前になんとか白黒つけたいと思い、けやき野興行の管理会社に話を聞きに来た永瀬と月下。管理会社によると、つぶ餡好きだと言っていた酒井富雄は実はこし餡派だった。しかし決定的な証拠が得られなかったため、商店街でも聞き込みを続けようとしていたが、永瀬のところに酒井から振込の催促らしき電話がかかってくる。永瀬と月下はけやき野興行へやはり入金はできないと頭を下げに行く。しかし嘘がつけない永瀬は「地面師じゃないですか?」とストレートに聞いてしまった。

大口かもしれない案件を台無しにしてしまった永瀬と月下は登坂不動産に戻って、報告する。大河は怒り、2人に手土産を持って謝罪に行くように指示。しかし、土下座大福を持ってけやき野興行へ向かうと、なにもかもが片付けられていて抜けの殻だった。専務や取締役、社長もすべて偽物で、彼らはやはり地面師だった。堀内とも電話がつながらず、酒井たちは逮捕された。

入金前で良かったと胸をなでおろしている永瀬に向かって、登坂社長は「私も正直にその一言が言えていたら」と呟いた。マダムいわく、登坂社長が住元不動産を辞めた理由も今回同様、地面師に引っかかったことが原因だという。登坂社長本人は怪しんでいたが、上司の判断で決行し、結局10万円騙されてしまった。上司は登坂社長に責任のすべてを押し付け、登坂社長は辞めざるを得なくなってしまった。

永瀬は登坂社長に「本当はすべて気づいていたのではないか、なぜ自分に任せたのか」と聞く。すると登坂社長は「永瀬が相手を信じるといったから。人を信じるということは相手に全てを書けるということ。裏切られてもそれは自分の責任でしかない」と言った。自分にかけてくれていたのだと感動した永瀬は「この会社に入ってよかった。必ず世界一の不動産にして見せる」と言った。

永瀬は今月はけやき野興行案件で売り上げがなく、タワマンにも戻れそうにないと嘆いていると、榎本に遭遇してしまう。古い家に住んでいることがばれてしまった。このことは2人だけの秘密にしてほしいと言うと、榎本は何故かとても嬉しそう……?

正直不動産8話のみんなの感想

適度にボケ入ってて面白いし、不動産事情を学べるし、出てくる人達のキャラも一貫してて見やすい。

そんなに予算掛けてないというか、キャストが豪華だけど、脚本も俳優さんたちも秀逸ですね。

経費落ちませんの、不動産バージョンという感じで、NHKドラマ版やるな~って感じですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる