MENU

正直不動産7話のネタバレ-みんなの感想【スパイは誰?】

この記事では正直不動産の7話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。まだ視聴していない人は注意願います。桐

山はスパイではなかった。桐山が去ってから永瀬は元気がない。

そんなある日ついにスパイが判明したと呼び出された永瀬。なんと犯人は中島課長だったのだ。動機はお金に困っていたという単純なものだったが、ミネルヴァ不動産の企みは一体何なのか……。

目次

正直不動産7話のあらすじとネタバレ

7話のネタバレあらすじ

中島課長が去り、新しい課長が決まるまで課長代理を務めることになった永瀬。課長業務で自分の仕事もままならない毎日が始まる。多忙の中、嘘ばかりついていた頃に賃貸を購入させた客、松永新吉(阪田マサノブ)が訪れる。永瀬に戸建てと賃貸を購入したら賃貸収入でローンが返せると嘘をつかれたことに相当怒っている様子。

月下と大河は一緒に営業周りを終え、カフェで休憩を取っていた。大河に失礼なことを連発し、怒らせてしまう月下だが、大河の過去も明らかになる。大河は元々不良でどうしようもなかったが、登坂社長に拾ってもらって1から営業を教わったという。社長のためなら死ねるほど、恩がある。月下が「離婚の慰謝料も登坂社長に払ってもらえるのか」と聞かれ、大河は否定し永瀬は口が軽いと怒る。そこから永瀬の話をし始めた大河。大河いわく以前の永瀬は本当に嘘つきで、トラブルが起きると自己中になっていたという。今とは正反対だと月下。

多忙の永瀬の元に榎本が現れる。築16年の1軒屋に住む藤崎という客の元に同行して欲しいという。実は榎本は商品を売るために永瀬を利用したのだった。藤崎夫婦は現在退職金生活で、手取り22万円。家を売って賃貸に住み、生活費の充てにしたいという。娘と孫は離れて暮らしているが、よく遊びに来るそう。永瀬は5,000万円で売却できそうだが、日当たりの悪さや駅からの距離、高齢夫婦の物件となるとすぐに売却は難しいと伝える。すると榎本は自宅を担保に融資が受けられる「リバースモーゲージ」というローンを勧めだした。自宅を手放さなくても良い、融資の使い道は自由というメリットがある。しかし永瀬は「住宅ローンは借金が減っていく一方、リバースモーゲージは借金が増えていき、長生きをしてしまうと担保である家を失うこともある」と口を滑らせてしまう。榎本は慌ててこれからリスクについて話すところだったと言った。そのタイミングで孫が遊びに来たので、藤崎夫婦は一旦考えさせてほしいと言った。帰り道、榎本は永瀬のせいですべて台無しだとかなり怒っている様子。同行のお礼に永瀬に食事をごちそうする予定だったが、それもキャンセル。榎本は月下に、永瀬に説教するから永瀬を連れてこいと依頼する。しかし、永瀬は松永に「ローンを支払いたくないから早く新しい賃貸を見つけてこい」と言われており、行けそうにない。怒る榎本に月下は、昔の永瀬は嘘つきだったというが、永瀬のことをよく知る居酒屋の店主は「永瀬は昔から嘘をつかない正直者だった」と言った。永瀬は昔、悪徳不動産に騙されそうになっているところを登坂社長に救われたという。そしてお金にもなって人から感謝もされる不動産に興味を持ち、登坂社長に雇ってほしいと頼んだ。登坂社長は「宅建」を取れたら考えてもいいと言った。数年後、永瀬は宅建とFP2級、住宅アドバイザー検定の合格証を登坂社長のところへ持って行った。

登坂社長はマダムとお酒を飲みながら永瀬がやってきた頃のことを思い出していた。マダムに「誰のことを考えていたのか」と聞かれるほど。そんなマダムの元にミネルヴァの社長から「お金を払うから登坂の物件を譲ってくれないか」と連絡があったことを聞いた登坂社長。ミネルヴァ不動産では永瀬を辞めさせる動きがある。登坂をじわじわと潰すという社長に、花澤も逆らうことができない。

忘れ物をした月下は松永の資料作成をする永瀬を手伝っていた。ノルマを達成できなかったから嘘をつくようになったと月下に話した。仕事を始める前は嘘をつくような人間ではなかった。どんなに頑張っても営業成績1位になれなかったが、客を人と思わず嘘をつくようになったら1位になれたという。数字のことだけを考えていると、詐欺すれすれでも心が痛まなくなったと話した。最後になぜ嘘を辞めたのか聞かれた永瀬は「嘘がつけなくなった」と答えた。

4,800万円の査定額が出て、永瀬と榎本は再び藤崎家を訪れる。藤崎夫婦は借金をしたくないから家を売ることにし、資産運用面を榎本に任せたいと結論を出した。しかし、永瀬は突然「家を売らずに榎本のリバースモーゲージを契約すべきだ」と言い出す。永瀬は、藤崎夫婦の孫が砂アレルギーだということを見抜き「取り寄せた砂で作った庭は孫と過ごせる大切な場所。だから奥様は家を売ることに乗り気ではないのではないか」と指摘。その上で「家を売却したら砂場は戻らないし、庭付きの賃貸に住むのは厳しい。人の幸せの形はそれぞれで奥様のためにも家を売るべきではない」と忠告した。「家が売れないと不動産屋は困るのではないか」という夫に永瀬は「家を通じてお客様の人生を豊かにするのが不動産の仕事だ」と返した。

登坂不動産に戻り藤崎夫婦の件を報告すると、大河は激怒。そこに榎本が走ってやってくる。藤崎夫婦がやっぱり家を売ると言い出したそうだ。きっかけは娘に言われた「私と息子のことは気にしないで欲しい。私は共働きでも寂しくなかった。感謝している。」という言葉。これからは自分たちを優先してほしいという。藤崎夫婦は家を売って、娘と孫が住んでいる家の近くで賃貸を探してほしいと永瀬に依頼。永瀬なら信頼できるという。そんな永瀬の姿を見て榎本は「以前よりも永瀬のことが知りたくなった」と言い、去っていった。松永の物件の買い手も見つかり、松永に報告。過去を認め、誠意を持って最後まで担当すると伝えた。

正直不動産7話のみんなの感想

※更新中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる