MENU

正直不動産6話のネタバレ-みんなの感想【スパイは桐山】

正直不動産6話

この記事では正直不動産の6話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。

まだ視聴していない人は注意願います。

スパイは桐山だったんですね。今後の展開が気になります!

目次

正直不動産6話のあらすじとネタバレ

6話のネタバレあらすじ

スパイは桐山だったと判明。永瀬はなんとか探りを入れようとしていた。

そんなある日、永瀬と桐山は社長に呼ばれ、2人で高円寺の建築条件付き土地を担当するよう任せられる。

この土地は、竹鶴工務店の竹鶴社長(吉田ウーロン太)が親から10年前に受け継いだもので、かなりの大型案件だ。

この期間は月下の面倒も見られないほど。永瀬は桐山と協力して取り組もうとまずはお昼に誘ってみるが、案の定断られる。2人の相性は悪そうだ……。

しかし、なんとかこの案件を成功させるしか方法はない。

まず竹鶴工務店のデータを調べてみるが、竹鶴工務店は今にも潰れそうで、桐山は営業するだけ無駄だと言う。

しかし、永瀬は「絶対に売れない物件なんてない。客のニーズに合わせて売るのが営業の仕事」と言う。

永瀬たちが鶴工務店に行くと、竹鶴社長・従業員ともに全員やる気がなさそう。

工務店の命である工具も雨ざらしの状態で、活気はゼロ。

おまけに下請けに全部丸投げしているという悪評で建築業法違反をしている。

一方月下は、聞き込みで町内会長の老婦人である衛藤明子(松金よね子)の家を訪れていた。

すると、夫に先立たれた明子自身が今すぐにでも家を売りに出すと考えている様子。

月下は任せてほしいと言うが、明子はすでに桐山に話をしていたのだ。

月下が詳細を聞くと相場1億の明子の家を桐山は7,500万円で売りに出そうとしている。

月下はどうして2,500万円も安く売りに出そうとしているのか気になる。

永瀬と桐山は高円寺の建築条件付き土地に興味を持った夫婦の接客をしていた。

フリープランに惹かれている夫婦。

そんな夫婦に、嘘がつけない永瀬はフリープランとはいえ外観の色が変更できるだけで大した家は建てられないと口を滑らせてしまう。

そもそもの建築プランの見直しが必要だという結論に至るが、竹鶴社長が応じるとは思えない。

永瀬と桐山は竹鶴工務店ではなく、竹鶴工務店の下請けである秋川工務店に建築プランの見直しの相談をするために向かうことに。

秋川工務店へ行くと、桐山は秋山工務店がコスト削減のために接合金物を減らして作業していることを見抜く。

明らかな欠陥住宅。

しかし、秋川工務店の社長は、竹鶴工務店からできるだけ安く建てろと命令されていてギリギリでやっているから建築プランの見直しに対応している余裕はないと追い返されてしまう。

従業員も疲れ切った表情。休憩も満足に取れていない様子。永瀬はまずは秋川工務店からの信頼を得る必要があると判断し、現場の作業を積極的に手伝う。

ミネルヴァ不動産では、花澤と西岡も永瀬たちが担当している高円寺の建築条件付き土地を社長から担当するように命じられていた。

ミネルヴァ不動産は登坂不動産に因縁があるようだ。

花岡たちは永瀬たちの前に現れ「誰から情報が洩れているか分からないがフェアにやりたい」と言う。

桐山がスパイという証拠を得たい永瀬。ある日大河の提案で飲み会が開かれる。

桐山を酔わせて自分がスパイであることを吐かせようという作戦だ。

しかし、お酒が強い桐山には効果がなく失敗に終わった。

その日の帰り、明子の物件のことが気になった月下は桐山に2,500万円も安い価格で売ろうとしているワケを問う。

すると桐山は「黙れ。あれはおれのもんだ」と言い捨てて帰っていった。

その後桐山とミネルヴァ不動産の社長は密会していた。

永瀬の努力の甲斐あり、秋川工務店との信頼関係ができつつある。

とうとう秋川社長が永瀬にもお弁当を買ってくれ、建築プランの見直しについての話を聞いてくれることに。

永瀬たちは建築プランの見直しを持って竹鶴工務店に向かう。

しかし「勝手なことをするな。秋川工務店のバックを増やすつもりもない」と怒らせてしまう。

そこに花澤たちも来て、永瀬たちは居場所を失う。

しかも花澤たちは建築プランの見直しのことも知っていたのだ。

桐山を問い詰める永瀬。

しかし、桐山は永瀬がついてきた数々の嘘を責め「竹鶴工務店がどうしようもないから下請けがなにをしても無駄。大体俺の何を知っているのか」と怒らせる。

永瀬は「客との関係は契約書にサインを押してもらってから始まり、その人の人生を背負うことだ」という。

「以前まで客は金だと思っていたが今は違う、人は変わることができる」という。

ミネルヴァ不動産のもとには高円寺の建築条件付き土地に興味を示す客が訪れる。

フリープランなら好きにできる注文住宅だと喜ぶ客に、まずは契約からとさっさと契約を進めようとしている。

永瀬が秋川工務店を訪れると、竹鶴工務店に「これ以上下手なことをすると仕事を回さない」と脅されていることを知る。

竹鶴社長は家族や従業員のためにもこれ以上は何もできないと諦めかけている。

月下は明子の家を訪れる。

月下は明子に桐山が本来1億で売れるはずが7,500万円でうろうとしていることを正直に話し、自分に任せてほしいと説得する。しかし明子は「桐山はそんな人ではない、毎日足のリハビリに付き合ってくれる」と言う。

桐山が永瀬とお昼を食べようとしなかったのは明子のリハビリに付き合っているためだったのだ。

さらに明子は桐山の父の話も聞いたという。

実は桐山の父は14年前のサンフラワー事件で自殺していた。

新築なのに壁にひびが入り傾いてしまった事件だ。桐山の父は下請けで働いており、その現場の責任者だったのだ。

月下は永瀬に明子の件を相談する。しかし永瀬は明子のためを思った適切な判断だとばっさり。

後々トラブルにならないよう業者買取にしてかつスピーディーに進めるために調整された金額だったのだ。

とうとう竹鶴工務店の買い手も見つかりそうだ。

低所得者や高齢者の支援を行うNPO団体に、6棟分ある土地を丸々使用してのシェアハウスを提案したところ、秋川工務店にもこの金額ならいいものが建てられると言ってもらえたのだ。

あとは竹鶴工務店を説得するだけ。永瀬たちは再び竹鶴工務店に向かう。

追い返そうとする竹鶴社長に桐山は建設業法違反のことを告発するという。

脅すのかとさらに怒る竹鶴社長に「今まで散々下請けを脅してきたのだろ」と説教。

今回の案に真っ当な金額を払うなら過去のことは水に流すと言った。さらにどれだけ人を苦しませてきたのか分かっているのかと説教を続けた。

桐山は秋山工務店の棟梁と父を重ねていたと永瀬に話す。

会社に尽くしてきた人間を見捨てた建築業界で父の無念を晴らすために志望したが、全滅。

どれほど時間が経とうが人は変わらない。せめて建築業界に近い不動産業界で働きたいと考えたという。

いつか会社を興して父のような人が報われる職場を作るのが桐山の夢。

営業成績にこだわっていたのもこのためだったのだ。「早く言えよ……。」と永瀬は桐山に言う。

昔は金のために仕事をしているが今は何のために仕事をしているのかと聞かれた永瀬だが……?答えに迷う。

NPOとは初めの2億8080万を超える2億9000万円で契約できることに。竹鶴工務店は廃業となった。

永瀬と桐山は今後登坂が秋川工務店と提携していくことを社長に報告する。

社長は今後も大型案件のときは2人でペアを組んで欲しいというが、桐山は退職届を社長に差し出す。

ミネルヴァ不動産のスパイであることは否定するが、父のことで会社に迷惑をかけるわけにはいかないという。

やめるなと引き留める永瀬に対し「皆が永瀬みたいに変われるわけではない」と言って去っていった……。

>>7話のネタバレ

<<5話のネタバレ

正直不動産6話のみんなの感想

良いドラマは回を追うごとに面白くなる
まさにこのドラマ。
派手さは無いものの、静かな演技がそれぞれキャラにはまっていて、観ていてストレスがない。
今回は、山Pと市原隼人さんがもうキスするんじゃないかと思う接近でのアップによる会話シーン。
お二人共、見目麗しくお顔も小さく、大画面にも負けず絵になり、さすがだなぁと見惚れてしまいました。
市原隼人さん、いい人なのか悪い人なのか、やる気ないのかあるのかよくわからないクールな役所が、おいしい給食の先生役が思い出され、ここで退職という事はもう出なくなってしまうのかと思うとさみしくてなりません…。
今期、このドラマがあって本当に良かった。
福原さんが可愛らし過ぎて、男性のお客様の内見に1人で付き添うのが、ドラマとは言え昨今、そういう状況での事件があるだけに、少し気になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる