MENU

正直不動産|1話のネタバレあらすじ!感想も紹介

正直不動産

当記事ではNHKで放送されている山下智久主演の「正直不動産」のあらすじやネタバレについて紹介しています。

今回紹介しているのは、1話の「嘘がつけなくなった不動産屋」です。

目次

正直不動産|1話のあらすじ

登坂不動産の営業マン・永瀬財地(山下智久)は、口八丁で成績No.1を維持し続けるやり手の営業マン。そんな永瀬が、ある日突然、祟(たた)りによって嘘(うそ)がつけなくなってしまう。本音ばかり言う永瀬は、客を怒らせ契約寸前の案件も台無しに…。一方、お客様第一を志とする新人・月下咲良(福原遥)は初めての賃貸仲介を任せられる。営業テクニックがものを言う不動産業界で、正直すぎる永瀬と月下の奮闘が、今始まる!

NHK正直不動産

正直不動産|1話のネタバレ

ライヤ―長瀬

永瀬財地(山下智久)は、登坂不動産の営業マン。爽やかなルックスと巧みな話術で営業成績1位のエースとして、周りからの信頼も得ていた。女性関係も順風満帆。

ある日、高齢のため和菓子屋を辞めてアパート経営に切り替えたいという石田様を担当することになった永瀬は、指導役である新入社員の月下咲良(福原遥)も同席させて商談を行う。

その際、月下には隣で微笑んでくれさえすればいいと言う。

そして契約は無事成立し、2軒目も考えてもらえることに。

横で契約成立までの流れを見ていた月下は、お客様からの信頼も厚く、カスタマーファーストで誠実な永瀬に感動する。

しかし、その様子を見ていた桐山貴久(市原隼人)は月下に、一見お客様ファーストに思える永瀬は実は“契約のためなら方法を選ばない”という裏の顔があり、陰では「ライヤー永瀬」と呼ばれていることをたれ込む。

石田様のアパートの契約成立から数日後、その土地に邪魔な祠があることに気づいた永瀬は祠を壊す。

その瞬間、何かを暗示するような雲に覆われ、強風に遭う。

何が起きたか理解できなかった永瀬だが、登坂不動産に戻ると受付の女性や上司に言うつもりのない失礼なことを連発してしまう。永瀬は祠の祟りにより嘘がつけない体質になってしまったのだ。

祠の祟り

ライバルである桐山貴久(市原隼人)に「お前じゃ俺の成績は絶対抜けない」と喧嘩を売ったり、上司である大河真澄(長谷川忍)に「自慢話は聞きたくないから飲み会には行けない」と言ってしまったりと、嘘がつけない。

ストレスが原因だろうとその日は急いで早退するが、次の日になっても嘘がつけない永瀬は、会社ですっかり四面楚歌の状態に。

親しくしていた女性にも失礼な発言をしてしまい、ビンタを食らう。

ついに永瀬は病院を受診するが、異常は見つからず。嘘がつけない状態で仕事が続けられるか不安に思う永瀬。

一方ライバルであった桐山は永瀬を抜いて営業部のエースに。永瀬が担当していた石田様も桐山に取られてしまう。

ようやく祠が原因だと気づいた永瀬は、再び祠があった場所を訪れるが、そこには石田様の姿が。

嘘がつけない永瀬は石田様にアパート経営のリスクを暴露してしまい、契約は白紙に戻る。

会社から完全に見限られた永瀬は、ボーナスも見込めずタワマン暮らしからぼろアパート暮らしとなった。

そんな中、月下は学生の賃貸アパートの相談に親身に乗り、初契約を成立させた。

しかし契約に同席していた永瀬は、またしても家賃の安さを暴露してしまい、お客様を怒らせてしまう。

実はそこのオーナーはストーカーなどの行為により入居者を短期間で退去させ、敷金礼金をごっそり懐に収めていたのだ。

結果、月下はお客様に責められ、涙を流す。

ついに転職を考えていたところ、親子に謝ったという月下から、親子に感謝され再び部屋探しの担当を依頼されたと伝えられた。

正直に話したことが、逆にお客様の信頼を勝ち取ったのだ。

さらに契約が白紙となった石田様にも、アパート経営を辞めた代わりに仕事を続ける決意が固まったと感謝され、和菓子をプレゼントされる。

和菓子職人を続けることになった石田様に祠のことを聞くと、どうやらあの祠は江戸時代からあるもので、祠に悪さをすると祟られるとのこと。

果たして祠の祟りは解けるのか?

>>2話のネタバレ

出演者
長瀬財地山下智久
月下咲良福原遥
桐山貴久市原隼人
登坂寿郎草刈正雄
マダム大地真央
鵤聖人高橋克典
花澤涼子倉科カナ
大河真澄長谷川忍
榎本美波泉里香
西岡将生伊藤あさひ
十影亮介財津雄太郎
大野沙友里牧野莉佳
棚橋恵美泉ノ波あみ
松田亜衣五島百花
若松正湯江タケユキ
若松直子伊藤麻実子

正直不動産の1話の視聴率

正直不動産1話の視聴率は4.8%という結果となりました。

放送時間帯からまあまあの数値かと思われます。

正直不動産|1話の視聴者の感想

山崎努さんを 暫くぶりで テレビ画面で観た気がします。お元気そうで 何よりです。
TBSだったら「クロサギ」の再放送があったろうに残念です。ドラマのおかげで契約書の 『原状回復』の怖さだけは 覚えました。
コード・ブルーの山Pが人気だけど、私はコメディの山Pの方が好き。カッコいい人は、ただカッコいい役をするより、クセのある役の方が見応えある。
不動産の勉強にもなるし、見る価値あり!
最近、部屋を借りたところだけど、もう少し早くこの話を知っていたら良かったのにと思う。
録画を見ました。物語そのものは面白いです。ドラマとしても悪くないのですが、主演が山下さんで、からむのが市原さん。なんだろう、ご両人とも無表情っぽくてw そのぶん福原さん目立ってたのですが。あと下手くそだなぁと思ったら漫才の人らしく。コメディこそ役者さんが大事。コメディドラマは難しいと思ってるので…。できるなら、違う配役でみたかったです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる