MENU

正直不動産4話のネタバレ-みんなの感想【嘘をつかなくても大丈夫?】

正直不動産4話

この記事では正直不動産の4話のあらすじ、ネタバレ、みんなの感想を紹介しています。

嘘をつけなくなった永瀬は、成績をあげていくことができるのでしょうか?

まだ視聴していない人は注意願います。

目次

正直不動産4話のあらすじとネタバレ

画像

4話のネタバレあらすじ

登坂不動産では、社長の発案で『スカイヒルズ西国分寺』をできるだけ多く売ることを目標に2週間の営業強化週間が設けられた。

ちなみにこの『スカイヒルズ西国分寺』のオーナーはミネルヴァ不動産と登坂不動産にしか声をかけていない。

ミネルヴァ不動産がライバルとなるわけだ。さらに1番の成績を収めたものにはインセンティブを弾むという社長。

社員たちは意気込む。スピード最優先の桐山は早速営業に出かけ、永瀬はメールで営業をかける。

**

そんなときに現れたのが賃貸物件を探している松井だった。

松井はどうしても借りたい物件があるよう。

しかし実はそこは事故物件だった。

松井は現在住んでいる家が取り壊されるため、引っ越しを検討しているらしいが、事故物件にこだわっていた。

しかし、松井が住みたいと言ってきた物件は65歳以上の契約はできないという。

すると別の事故物件を探してくれと言ってその日は登坂不動産を後にした。

松井の対応を終えた永瀬と月下は早速『スカイヒルズ西国分寺』の物件へ向かう。

水回りのリフォームが必要なのと保育園の近くというのが懸念と分析する永瀬。

するとそこにミネルヴァ不動産の花沢(倉科カナ)と花沢の部下である西岡(伊藤あさひ)がやってくる。

花沢は永瀬が嘘ばかり言って契約していることを非難し、感じが悪い。

黙って立ち去ろうとした永瀬だが、例のごとく嘘がつけず、花沢と西岡に向かって“ハニートラップ営業”だと言い返す。さらに険悪になった。

**

登坂不動産に戻ると、『スカイヒルズ西国分寺』に興味があるというバーテンダーの瀬野が訪れる。

成約まであと一歩だったが、嘘がつけない永瀬は、保育園があるため昼間睡眠をとる人には向いていないと言い、契約を逃す。

対して桐山は『スカイヒルズ西国分寺』を1部屋成約。

2部屋目の成約に向けて早速動き出していた。

しかし、桐山は営業の幅を増やす「あんこ業者」を挟んでいた。

あんこ業者にはメリットもあるが、メリットしか言わないのでトラブルに発展しやすいというデメリットもある。

お客様と揉めそうになった桐山はあんこ業者を犠牲にしてお客様に自分を信頼させる。

そんなずる賢い桐山は2件目も無事契約。

永瀬の元へは以前営業をかけていた『スカイヒルズ西国分寺』を検討しているという田之上夫妻がやってくる。

永瀬は素直に大規模リフォームの必要性と駅から20分もかかることを説明してしまうが、改めて妥協も大切だと説明する。

**

田之上夫妻の様子から必ず買ってくれると自信満々の永瀬と月下が居酒屋で飲んでいると、榎本たちが現れる。前回の永瀬の無礼にまだ怒っている様子の榎本。翌日、『スカイヒルズ西国分寺』を検討していた田之上夫妻が怒った様子で現れる。『スカイヒルズ西国分寺』は事故物件だったのだ。なぜ教えてくれなかったのかと怒りながらキャンセルを申し立ててきた。しかしよく調べると、それはミネルヴァ不動産の西岡が永瀬が契約寸前の物件だと知り事故物件サイトに書き込んだためだった。最近の登坂不動産の不調の原因がミネルヴァ不動産だと予想した永瀬は月下とともにミネルヴァ不動産に向かう。花沢は永瀬の前で西岡を指導し、一件落着とさせようとする。相変わらずバチバチの永瀬と花沢だったが、花沢には更なる企みがありそうだ……。

**

営業強化週間まであと3日となった日、再び松井がやってくる。永瀬は松井のアパートの取り壊し予定がないことを掴み、本当は登坂不動産を訴えるつもりではないかと松井を疑う。しかし、松井は夫を亡くしており、死後1度現れたという夫に再び会いたくて事故物件を探していたのだ。そんな松井の事情を知り、永瀬は必ず物件を見つけると宣言した。そんな様子を見ていた桐山は永瀬を呼び出し、なぜ大切な営業強化週間にどうでもいい物件の対応をしているのかと問う。しかし永瀬は、どうでもいい物件はなく、どんな部屋にも誰かの人生があるのだという。そんな永瀬に対し、俺桐山は俺の知っている永瀬ではないと言って去る。

**

一方月下は良さそうな松井の物件を見つけたよう。それは以前エレベーターが必ず4階で止まるという、心霊現象が出たアパートだった。月下と怖がる永瀬がその物件を訪れると本当に4階で止まった。怖くて階段で降りた2人の元にオーナーがやってくる。実はその物件は単なるエレベーターの故障で、事故物件サイトに書き込まれて困っているという。

**

永瀬は今後の需要を見据えいっそのこと高齢者向けマンションし、松井が住めないかと相談する。無事住めることになった松井は永瀬に感謝し、息子夫婦用の物件も探してほしいという。幸運にも息子夫婦に『スカイヒルズ西国分寺』を契約してもらえた。1度キャンセルになった田之上夫妻にも永瀬の素直さが評価され、『スカイヒルズ西国分寺』2件目成約となった。営業強化週間の結果は桐山が1位、永瀬が2位。桐山には約束通り社長からインセンティブが渡される。社長の企みは永瀬と桐山が切磋琢磨することで売り上げを伸ばすことだった。正直である自分に段々充実感を覚える永瀬。嘘をつかなくても成績が残せるのではないかと思い始める……。


>>5話のネタバレ

<<3話のネタバレ

正直不動産4話のみんなの感想

久々の山Pドラマなので見始めたが、結構面白い。
お気楽な内容の中に心に刺さる部分がある。
下手な民放はもちろん、月9や日9より好き。この四半期じゃあ個人的にはNo1。
期待の若手福原遥の人気が浜辺美波に迫っていけるのか。
今後の展開が楽しみ。

風吹ジュンさん。本当に名前からのキャスティングだったんですかね笑 楽しい♪亡くなった旦那さんにまた会いに来てほしいから、なんて決して前向きじゃない話が爽やかな話に変化した。住みたい人には知らない幽霊も神さまか。
飛躍が凄いと思ったのも束の間、今回長く吹いた風は意味深で、祠の主の本願だったのかな、と。未来を見よと?素敵なドラマですね。
今季のお気に入りになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる